自然な排便が困難になり、慢性的なお腹のハリや息苦しさを感じる便秘。腹筋が弱い女性は特にこうした便秘になりやすいと言われています。

便秘を解消するためには腹筋を鍛えて排便力をアップさせることが1番ですが、中には運動が苦手だという女性もいますよね。そんな女性は食事に便秘解消効果のある食べ物を取り入れて、身体の内側から便秘を改善してみましょう!

今回はそんな便秘解消に効く食べ物を5つご紹介したいと思います。

半額

便の滑りをよくして排便を手助けするココナッツオイル

便の滑りをよくして排便を手助けするココナッツオイル

海外セレブ達が愛用し、高い美容効果を持つことから日本でも多くの女性に人気のココナッツオイル。

ココナッツオイルを使った美容法は肌を保湿するスキンケアが有名ですが、実は便秘解消にも効果があります。

関連:海外セレブやモデルも愛用!ココナッツオイルの驚きの効果と使い方とは?

 

ココナッツオイルを摂取するとオイルは小腸の中で腸壁や腸絨毛(ちょうじゅうもう)と呼ばれる突起に働きかけ、便のかすや老廃物を取り除いてくれます。

腸絨毛に便や老廃物が付着すると、腸の動きが鈍ってぜんどう運動を起こしにくくすると言われているため、ココナッツオイルを摂取して小腸をキレイに掃除してあげれば、腸内環境が改善し便秘になりにくい体質になることができるというわけです。

レインフォレストハーブ 有機JASオーガニックバージンココナッツオイル 500ml 1本

新品価格
¥1,768から
(2016/5/4 15:42時点)

善玉菌たっぷりの納豆も便秘解消に効果あり

善玉菌たっぷりの納豆も便秘解消に効果あり

日本で古くから食べられてきた発酵食品の納豆も便秘解消に役立つ食べ物です。

納豆の中には製造過程で生成されるオリゴ糖がたっぷりと含まれており、このオリゴ糖が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため腸のぜんどう運動が活発になります。

しかも大豆の原材料である大豆には食物繊維が豊富なので、便のかさを増やして自然な排便を促してくれると言われています。

 

女性の便秘の原因の1つは、食事量が少ないために便の量が不足しぜんどう運動だけでは排出できないため、いつまでも腸の中に便がとどまり続けることです。

納豆から食物繊維を吸収すれば、こうした原因を改善して自然な排便ができるようになります。

 

ペクチンが腸内の善玉菌を増やすいちご

ペクチンが腸内の善玉菌を増やすいちご

独特の甘酸っぱさがくせになる果実のいちごも、実は便秘解消効果を持っています。

いちごが便秘解消に役立つのは、果肉の中に含まれるペクチンという成分です。ペクチンには高い整腸作用があり、腸の中で善玉菌を増やして便秘を解消し、さらには現代人に増えている大腸がんなどのさまざまな腸トラブルを予防する働きがあるのです。

しかし、いちごからペクチンを摂取するときはその「食べ方」に注意しなくてはなりません。というのも、ペクチンは熱に弱く100度以上の熱を加えると成分が破壊されてしまうのです。

いちごはさまざまな食品に加工されていますが、便秘解消目的で食べるときは生のまま食べるようにしましょう。

 

フィチン酸が便を排出してくれる玄米

フィチン酸が便を排出してくれる玄米

日本では主食として精米した白米が食べられますが、便秘がちな女性はこの白米を玄米に変えてみるのがおすすめです。

玄米は白米に比べて食物繊維の量が多く、また排出作用のあるフィチン酸が含まれているため便秘解消に役立ちます。

また、フィチン酸には便だけでなく体内の毒素などを排出する働きがあるため、デトックス効果が得られ美容効果も期待できます。

腸内環境を整えながらインナーケアもできる玄米を毎日の主食にすれば、身体の内側から美しくなることができますよ。

 

食物繊維豊富な海藻・ひじき

食物繊維豊富な海藻・ひじき

海藻のひじきには、フコイダンと呼ばれる栄養素が豊富に含まれてます。フコイダンとは主に海藻類に含まれているヌメヌメとした成分の事を言います。

ひじきを触ってみると独特のぬめりがあることに気づくと思いますが、あのぬめりこそがフコイダンなのです。

フコイダンの持つぬめりは腸の中に留まっている便の滑りを良くし、便通を促してくれる働きをもっていることから、ひじきが便秘改善に役立つ食べ物と言われるようになりました。

 

女性は男性に比べて食事の量が少なく、このために便の量も少ない傾向にあります。

便の量が少ないと腸がいくらぜんどう運動を起こしても便のかすが腸の中に残ってしまうため「なんだかお腹がすっきりしない……」と感じるようになってしまいます。しかし、ひじきを食べてフコイダンが腸の中に侵入すれば、便をぬめり成分でコーディングしてくれるためスルリと排出されやすくなるのです。

ひじきには食物繊維がごぼうの10倍も含まれている食品です。この食物繊維とフコイダンの相乗効果で便通が起こりやすくなり、積極的に食べることで便利知らずの身体が手に入るのです。

 

便秘が慢性的になってしまうと、毎日ガスによるお腹の張りや不快感に悩まされることになってしまいます。

腹筋を鍛えて排便力をアップさせることができれば便秘は自然と改善していきますが、忙しい現代人はなかなか運動する時間が確保できませんよね。

そんな時はぜひ今回ご紹介した食品を食事メニューに加え、便秘の改善を目指してください。腸内環境が改善すれば身体も軽くなり健康な身体を手に入れることができますよ。