メイクは年齢とともに変えるもの、ということをご存知でしょうか。

メイクは毎日行なうものだけに、ついいつまでも同じメイクをし続けてしまいがちですが、加齢とともに少しずつ顔立ちは変化していくためそれに合わせてメイクも変えていく必要があります。

メイクを変えるタイミングはやっぱり30代に入ってから。若作りでもなく、老けてみられないベストメイクをするために、アラサー女子のみなさんは各パーツのメイクを1度しっかりと見直してみませんか?

半額

ベースメイクはシャイニー肌にチェンジしよう

ベースメイクはシャイニー肌にチェンジしよう
引用:weheartit.com

アラサー世代になると、肌にも小さなシミやシワが出始めるためベースメイクをしっかり作りこんでしまう女性が多いもの。しかし、作りこみすぎたベースメイクは逆に厚化粧に見え、外見を老け顔にしてしまうので注意しましょう。

若い頃は作りこんだベースメイクでもOKですが、アラサー世代になると逆にベースメイクを薄くし、ツヤを与えて素肌感を活かすチュラルメイクの方が適しています。

また、加齢とともに肌の色も変化していくのでいつまでも同じ下地やファンデーションを使い続けるのではなく、定期的にファンデーションのカラーを見直すことも大切です。

 

もしファンデーションが自分の肌の色と合わなくなったら、カラー下地を塗って肌の色を補正するのが良いでしょう。

肌は暗めよりも明るめに仕上げた方が若く見えるため、フェイスパウダーは細かいラメが入っているものを選びベースメイクの仕上げとして顔にのせると、透明感が生まれ肌のアンチエイジング効果を得ることができますよ。

 

囲み目はNG!アラサーメイクの目元はシンプルに

囲み目はNG!アラサーメイクの目元はシンプルに
引用:weheartit.com

顔に大きなインパクトを与えるアイメイクは、アラサーになればシンプルにチェンジするのが鉄則。

10代の頃は目を大きく見せようと太いアイライン、アイラッシュ、アイテープを使用していたかもしれませんが、アラサーメイクの目元にはこうした過剰なメイクは不要です。

アラサーメイクの目元は、生まれ持った目の形やまつ毛を活かしてナチュラルかつシンプルに仕上げた方が若く見え、自然な美しさをまとうことができます。

目の大きさや形にコンプレックスがあったとしても、しっかりアイメイクをすると年齢に似合わない若作りメイクに見られてしまうので避けたほうが無難です。

 

シンプルな目元を作るために覚えておきたいポイントはたったの2つです。

それは、アイラインは細く引く、マスカラは放射線上に塗りボリュームを出さないというとてもシンプルで基本的なことです。

しかし、意外にもアラサー世代の方はこの基本的なアイメイクを実践している女性が少ないのです。

ゴテゴテと目元を飾るのではなく、ナチュラルな美しさをメイクに取り入れると余裕のある大人の女性の雰囲気を手に入れることができるはず。

 

可愛すぎるチークは一歩間違えば「おば顔に」

可愛すぎるチークは一歩間違えば「おば顔に」
引用:weheartit.com

メイクを見直すとき、実は以外に見落とされがちなのがチーク。チークは肌を血色よく見せてくれる重要なコスメです。

年齢に似合わない色のチークを頬に塗ったのでは、顔の印象を台無しにしてしまうこともあるのです。

肌の色に個人差があるように、似合うチークの色は人によって違うもの。とはいっても、あまりキュートさの強いポップな色味のチークを使うと、顔立ちを老けてみせる「おば顔」メイクになってしまうので気をつけましょう。

アラサー女子に似合うチークカラーは上品なコーラル系。コーラル系はピンクにベージュがプラスされ落ち着いた印象になるので、比較的誰にでも似合うカラーだと言えるでしょう。

 

リップはヌーディーカラーを選んでさり気なく

リップはヌーディーカラーを選んでさり気なく
引用:weheartit.com

ここ数年、ファッショントレンドの影響を受けて主張の強い赤リップなどが流行しましたが、アラサー世代の女性がこうしたインパクトのあるリップを取り入れると、一歩間違えば「バブル臭」を感じさせる勘違いメイクになってしまいます。

年齢を重ねると目や眉、唇などのパーツに落ち着きが出てくるため、ここに赤リップを加えると一気に老け顔が加速して実年齢より+5歳は老けて見られる結果になります。

 

アラサー世代はリップをできるだけ薄くし、ヌーディーに仕上げたほうが顔が明るくなり若く見えます。また、唇が薄い女性はリップペンシルでボリュームを足し、唇をふっくらと見せましょう。

唇が薄いと顔が貧相に見えて淋しげな印象になってしまうので、ボリューム感を与えてぽってりとセクシーな唇を作ると実年齢より若く見られますよ。

 

いつまでも若いと思ってメイクをしていると、周囲からは「イタイ女性」のレッテルを貼られてしまいかねません。本当に魅力的な女性は自分の年齢を受け入れ、その年齢を活かしたファッションやメイクをしているものです。

これまでずっと同じメイクを続けてきたという方はぜひ1度メイクとメイクボックスの中を見直し、コスメを断捨離してみてはいかがでしょうか。きっとこれまでに気付かなかった新しい自分に出会えるかもしれませんよ。