日々新しいトレンドが生まれていくメイクの中で、いま最も注目されているキーワードが「モテ顔」。

男性が「守ってあげたい」と思うような優しさをまとうことのできるモテ顔をメイクで!そんな女性たちがゾクゾクと「モテ」をメイクにも取り込んで生まれたのが、愛されフェイスが特徴のモテ顔メイク。

そんなモテ顔メイクの中でも重要なパーツとされているのが「眉」。それもただの眉ではなく、左右の眉の間隔を広げた「離れ眉」というメイク方法なのです。

なぜ眉同士を離すとモテ顔になるのか……そのメカニズムと一緒に、離れ眉メイクのやり方をみていきましょう。

半額

左右の眉を離すことで印象が柔らかくなりモテ顔に

左右の眉を離すことで印象が柔らかくなりモテ顔に
引用:weheartit.com

人間の顔の印象の7割を決めると言われている眉。最近では並行眉や困り眉、太眉などさまざまトレンド眉が流行りましたが、今年はモテ顔になれる「離れ眉」が人気の様です。

実はこれ、左右の眉の間隔を離すことで顔の印象に柔らかさが加わりキツイ印象を和らげることができるからなんです。

 

普通、人間は成長するに連れて顔立ちが精悍(せいかん)になりますが、子供の頃は眉もまばらで左右の眉の間隔も広がっているケースが多いですよね。

子供の顔立ちはあどけなく、どこかふんわりとした可愛らしさがあるもの。この柔らかさと可愛らしさを好む男性は多く、こうした雰囲気がいわゆるベビーフェイスや愛されフェイスを構成する「モテ要素」と呼ばれるものなのです。

また、眉が離れていると顔立ちが穏やかに見え、親しみやすい雰囲気になることも分かっています。離れ眉メイクでこのような雰囲気をまとうことは、モテ顔に近づく近道だと言っても良いでしょう。

 

今の眉からすぐにチェンジ!離れ眉メイクのやり方

今の眉からすぐにチェンジ!離れ眉メイクのやり方
引用:weheartit.com

離れ眉を作るには眉頭の描き方が重要なポイントになってきます。

まず、眉頭の部分にコンシーラーを塗って色味を消し、目頭の延長上までの眉を消していきます。

その上から髪よりもワントーンほど明るめのアイブロウパウダーでゆっくりと眉頭を描いていきましょう。この時、左右の眉の間隔が指2本程度開いている状態になるよう鏡を見ながら調整してください。

眉頭を書き終わったら、眉山、眉尻をアイブロウパウダーと同じ色のペンシルで描き足していき、最後にアイブロウパウダーよりもやや明るめのアイブロウマスカラで毛流れを整えれば、離れ眉メイクの完成です。

 

毛を剃るのはNG!離れ眉メイクをするときの注意点

毛を剃るのはNG!離れ眉メイクをするときの注意点

離れ眉メイクをするときは、眉の間隔を広げたいからと眉頭の毛を抜いたり剃ったりするのは絶対にやめてください。

というのも、眉毛は1本1本が太くしっかりと生えているため毛を抜こうとすると、毛穴が引っ張られて肌に強い負荷がかってしまいます。しかも毛を剃ると剃り跡が青くなって不自然になり、モテ顔どころではなくなってしまうのです。

 

眉頭はコンシーラーを塗るだけでも十分毛を目立たなくさせることが出来ますが、もしも万が一コンシーラーを塗っても眉頭の毛が目立つ場合は、事前に眉を脱色しておくというのも1つの方法です。

眉を脱色しておくと眉マスカラの色がキレイに発色しやすくなるので、離れ眉メイクをしたときにも美しい仕上がりになります。

 

離れ眉メイクはモテ顔をつくるためには欠かせないポイントメイク。

顔のパーツが大きい方や男顔でいつもキツく見られてしまうという女性が試すと、そのギャップに男性陣もメロメロになってしまうこと請け合いです。

パウダーで描くふんわりとした眉が演出する優しい雰囲気は、男性や目上の肩にも好印象を持ってもらえること間違いなし!出会いの多い季節はぜひ第一印象を良くするために、離れ眉メイクをデイリーメイクに取り入れ愛されフェイスを目指してみてください。