アメリカの美容業界では以前からその高い美容効果に注目が集まっていた「アーモンドミルク」。

その人気を受けて近年日本にも輸入され、美意識の高い女性たちの間ではすでに話題になり始めているようです。

半額

アーモンドミルクはビタミンEとオレイン酸が豊富

アーモンドミルクはビタミンEとオレイン酸が豊富

アーモンドミルクはアーモンドの粒を絞って取れるミルクの事です。

日本では古くから大豆を搾って豆乳を作る文化がありますが、アーモンドミルクも豆乳と似たような製法で作られているのです。

アーモンドミルクには、原材料として使われているアーモンドが持っているビタミンEやオレイン酸が溶けだしており、アーモンドの栄養をそのまま吸収する事が出来ます。

ビタミンEは粘膜を健康に保ちウイルスや菌が体内に侵入するのを防ぐ効果があるため、ビタミンEを多く摂取すると風邪をひきにくく、病気知らずの身体を作ることが出来ます。

 

また、高い抗酸化作用を持っているビタミンEは老化による肌のシワや、加齢によって衰えた肌のハリや艶を改善し、アンチエイジング効果をもたらしてくれる栄養素でもあります。

アーモンドからビタミンEを摂取するためには相応の量を食べなくてはなりませんが、ドリンク状のアーモンドミルクではより効率よくビタミンEを摂取することができるので、小食な方にもうってつけの食品だと言えます。

 

不溶性食物繊維が腸内環境を正常に整える

不溶性食物繊維が腸内環境を正常に整える

アーモンドミルクはビタミンEの他にも、不溶性の食物繊維を多く含んでいることで知られています。

便秘に効くといわれている食物繊維ですが、実は水溶性と不溶性の2種類があり、便秘に効くのは後者の不溶性食物繊維のみ。

不溶性食物繊維は腸内で便の量を増やしながら腸壁を刺激して排便を促すため、腸内環境が整います。

食物繊維の働きによって腸内環境が正常になると、余分な栄養が吸収されにくくなるため、ダイエット効果も高まると言われています。

 

一方で「ミルク」と呼ばているせいで、牛乳を飲むとお腹をこわすという人には敬遠されがちなのも事実です。

しかし、ミルクと呼ばれてはいるものの、アーモンドミルクは牛乳とは成分が全く異なり、乳糖やコレステロールを一切含んでいないので飲んでもお腹を壊すことはほとんどありません。

そのため、海外では小さなお子さんから高齢者まで幅広い層の人々に愛飲されているのです。

ブルーダイヤモンド アーモンドブリーズ 砂糖不使用 1000ml×6本

新品価格
¥2,280から
(2016/5/6 12:01時点)

まだ日本では知名度の低いアーモンドミルクですが、今後は牛乳や豆乳に代わって広く飲まれるようになるかもしれません。

美容効果もばっちりなアーモンドミルク、まだ飲んだdことがない方はぜひ1度試してみてくださいね。