背が小さい、下半身太りが気になるなど様々なコンプレックスを抱えている方もいるかと思います。

特に夏のファッションは薄着で露出も激しい為、どうしてもそういった体型を上手く活かせないという方も多いようですね。

そんなコンプレックスを持った方が知って得するファッションテクニックがあります。

それはズバリ!「縦のライン」です。縦のラインを上手く使うことによって、着痩せ効果が発揮されます。

では、どういったものを使って縦のラインで綺麗に見せる事が出来るのかを紹介していきます。

半額

ロングカーディガンで縦のラインを作る!

ロングカーディガンで縦のラインを作る!
出典:weheartit.com

例えば、白のパンツにボーダーのTシャツのコーディネートをしたとすると、白が膨張色なのとボーダーも横に大きく見えるデザインなので、全体的に横に広く見えてしまいます。

しかし、そこにボーダーの一色を取った単色のロングカーディガンを羽織って前を開けます。

それだけで横に広がりがちなコーディネートをコンパクトに見せる事ができます。

 

ロングカーディガンがセンターで縦のラインを作ってくれるので、シルエットが縦長に見える効果があります。

中の洋服のデザインを遮ると言う意味でも黒や紺などはとても効果的です。

 

アクセサリーを使って縦のラインがアクセントに!

 アクセサリーを使って縦のラインがアクセントに!

また、同じように縦のラインを強調する為に使えるのがアクセサリー類です。

長めのアクセサリー(55センチ以上)を使用するのがオススメです。

 

アクセサリーを使う場合は、ワンピースなどでも使えます。

ワンピースなどでは、どうしてもメリハリを付けるのが難しいデザインであったり、単色のワンピースでは縦のラインが出しにくいですよね。

ロングカーディガンもワンピースと合わせると少し重たいイメージになってしまいます。

ここで長めのアクセサリーを真ん中で1連で使うことによって、真ん中のラインを強調することができます。

暗いカラーのワンピースなどでは、このアクセサリー効果は高いので是非試してみてください。

 

このように縦のラインは、ちょっとしたアイテムで簡単に演出することが可能です。スカーフなどを縦のラインのアクセントとして使用するのも効果的です。

また、ロングカーディガンと長いアクセサリーやスカーフの併用も出来ますが、あまりにも小物が多いと、縦のラインが無くなってしまう可能性もあるので、多くても2個使いがいいのではないかと思います。

夏は重ね着は避けたいので、上手く縦長の演出を使うことでコンプレックスを気にしないでファッションを楽しむことができます。