ダイエットはしたいけど、食事制限をするのは大変だしルールも複雑なので難しい・・・。

そんな理由でダイエットを諦めている人は多いのではないでしょうか。

しかし、最新のダイエットは簡単に取り組む事が出来るものがたくさんあります。

半額

おすすめの「8時間以内ダイエット」

おすすめの「8時間以内ダイエット」

その中でもおすすめなのが「8時間ダイエット」です。

ルールはすごく簡単で一日の食事を「8時間以内に収めること」これだけです。

具体的に言うと、朝起きてから最初の食事をしたときの一口目の時間を記録します。

それが朝の8時だったら8時間後の16時、つまり夕方の4時までに食事を終わらせればOKです。

 

ポイントは「8時間以内なら何を食べても、どれだけ食べても大丈夫」という事です。

ステーキでもカルボナーラでも豚骨ラーメンでも大丈夫です。

8時間以内なら焼肉食べ放題でずっと食べ続けても大丈夫ということです。ちょっと極端ですが。

 

なぜこんな簡単なルールで体重が減っていくのかというと、このダイエットには二つの理由があります。

まず一つ目の理由は「8時間以内だとたくさんの量を食べることができない」という事です。

一日に三食食べている人の生活を見てみると、朝食を7時に食べ始めて、昼食をお昼の12時に食べ、夕食を食べ終わるのが夜の9時という感じではないでしょうか。

 

するとこの場合食事をとる時間が一日で14時間になります。

いかに一日の食事時間が長いかがわかりますし、食べ過ぎてしまうというのも理解できると思います。

 

8時間以内に食事の時間を収めようとすると、通常の食事をとる時間の半分近くになります。

先ほど例に挙げたステーキを昼食にとった場合、お昼の12時にステーキを食べ始めて午後1時に食べ終わったとして、お腹が空くまでにかなり時間がかかることが予想されます。

夕方でもまだそれほどお腹が空いていないので、夜の7時頃に最後の食事を食べようとしても、軽めの食事になることが予想できます。

このように、意外とたくさん食べれそうで食べれない魔法の時間が「8時間以内」なのです。

 

プチ断食をしているような効果

プチ断食をしているような効果

そしてふたつ目の理由が、8時間以内に食事時間を収めるという事は16時間食事をとらないということです。

つまり「毎日プチ断食をしているようなもの」なのです。

空腹の時間が長くなると、体内に蓄えられていた糖質は消費されて空になります。

すると脂肪をエネルギーに換えるしかなくなるので、脂肪が燃焼され体重が減ります。

 

8時間だと意外に食事量をとれないと書きましたが、工夫次第でいくらでも食事を楽しむことができます。

夕食を楽しみたければ、朝食はあきらめて昼食も軽めにすれば大丈夫です。

 

夕食でがっつり友達と焼肉パーティをする時は、午後3時頃のおやつタイムに軽食を食べてしのいでおけば、午後11時まで食べたり飲んだり楽しめます。

ライフスタイルに合わせて楽しく「8時間の食事タイム」を利用して、ダイエットを成功させましょう。