毎日のお風呂上りに髪の毛はきちんと乾かしていますか?

髪が短い方であれば乾かす手間はかかりませんが、髪が長い方は乾かすのが面倒だったりで濡れたまま放置している方も多いのではないのでしょうか。

しかし、その濡れたまま髪の毛を放置することが、実は髪にダメージを与え傷めつけているのです。

そこで今回は、髪の毛を濡れたまま放置することによる髪へのダメージと、美容師が実践している正しいドライ方法を紹介します。

半額

ドライヤーの熱より濡れたまま放置するほうがダメージになる

ドライヤーの熱より濡れたまま放置するほうがダメージになる

ドライヤーの熱は髪にダメージを与えるから髪の毛は自然乾燥させるなんて方も多くいらっしゃると思います。

しかし、実際は髪の毛を濡れたまま放置するほうがダメージを受けてしまいます。

 

通常髪の毛は水分を含んでいると1本1本が膨らんだ状態になります。

さらに、髪の毛の表面を保護している膜であるキューティクルが浮き上がっている状態なので、髪の毛が傷つきやすくなっているのです。

この状態で寝ることによって枕に髪の毛が擦れてしまい、キューティクルが剥がれ結果的に髪の毛が傷むのです。

 

髪の毛を濡れたまま放置すると抜け毛や薄毛の原因に?

髪の毛を濡れたまま放置すると抜け毛や薄毛の原因に

髪の毛の中はとても蒸れやすいので、濡れたまま放置していると頭皮に雑菌が大量に繁殖してしまいます。

嫌な匂いの原因になるだけでなく、繁殖した雑菌は髪の毛の栄養を吸収してしまい髪の毛の栄養がなくなってしまうのです。

 

髪の毛を濡れたまま放置していると頭皮の温度が下がり、それにより血行が悪くなり健康な髪の毛が生えにくくなります。

そのため、髪の毛を濡れたまま放置していると抜け毛や薄毛の原因になってしまうのです。

 

タオルドライで正しく髪を乾かそう

タオルドライで正しく髪を乾かす

ここで、どうやって髪の毛を乾かせばいいのかを紹介します。

ドライヤーは熱によりどうしても髪の毛を傷めつけてしまいます。したがってドライヤーをする前が非常に大切になってきます。

 

ドライヤーで髪の毛を乾かす前に、タオルドライをすることが非常に効果的です。

しかし、髪の毛は肌のように繊細なものなのでゴシゴシと乾かしてはいけません。

タオルで髪の毛を優しくはさみ、軽く叩くようにして水分をタオルに吸わせます。

こうすることによりドライヤーで髪の毛を乾かす時間が減り、髪の毛へのダメージを最小限に抑えられるのです。

水分をしっかりと取る事が出来たらドライヤーで乾かしましょう。

 

髪の毛を濡れたまま放置することで髪を傷める原因になります。

以上のことに気をつけタオルドライを実践し、美しい髪の毛を保ちましょう!

HITACHI イオンケア マイナスイオンドライヤー ホワイト HD-N1240-W

新品価格
¥1,845から
(2015/6/19 09:54時点)