洗顔したのに肌のカサつきやゴワつきが気になる、化粧水の浸透がイマイチという時は「うっかり洗顔」になっている可能性があります。

洗顔は毎日するものですから、どうしても習慣化したり自己流になってきて、しっかりと洗えていないことがあります。

自分ではしっかり洗顔しているつもりなので、その点の判断はしづらいですよね。

 

洗顔後の肌の手触りが先ほどのように、カサつくなど気になる悩みが出てきたら、しっかり洗えていないサインです。

洗顔は汚れを落とすだけでなく、次のスキンケアを浸透させるための大事な役割があります。

基本の洗顔法を見直せば、くすみ、ゴワつき、カサついてしまった肌を根本から修復することができます。

半額

肌に優しいモコモコ泡

肌に優しいモコモコ泡

洗顔で最も大切なのが泡です。肌に優しい泡のメリットとモコモコ泡の作り方を紹介します。

泡くらい立てて洗っていると言われるかもしれませんが、「泡の質」に焦点をあててみましょう。

肌に優しい泡とは、タップリの泡がしっかりと立っていて、キメが細かく弾力のある泡です。

この条件が満たされた泡は肌の摩擦を防ぐとともに、転がすだけで汚れが落ち、すすぎやすく肌に残らないという性質をもちます。

 

泡立てネットを使用するのもありですが、やはり泡立ての仕上げは手指の繊細な動きで、キメを細かくするのが望ましいです。

洗顔フォームを出したら、手のひらに伸ばし温めてからつくり始めましょう。

一度に完璧な泡をつくろうとせずに、少しずつお湯または水を足していきながら、空気を含ませるように泡立てます。

小久保 洗顔 泡立てネット ホイップ洗顔

新品価格
¥258から
(2016/1/8 00:02時点)

モコモコ泡の洗顔法

モコモコ泡の洗顔方法

ここからはモコモコ泡で洗う洗顔法です。

まず、顔の表面の汚れを水でサッと流しますが、これは濡れていた方が泡が潰れにくくなるという効果もあります。

手を逆さまにしても落ちないくらいの泡をつくった後、顔全体に泡を広げ内側から円を描くように、泡のクッションを感じながら優しく洗います。

 

シャワーのお湯ですすぐ場合は、温度を低めにして水圧をかけすぎないのがポイントです。

フェイスラインや生え際のすすぎ残しがないよう気をつけます。

最後はタオルでなるべく摩擦がかからないよう、ポンポンと水気を拭きとって終わりです。

 

洗顔時の泡の重要性を再確認すると、その後のスキンケアの効果も底上げされます。

肌から何かしらのSOSを受け取ったら、まずは最近うっかり洗顔になっていないかな?と振り返ってみると良いかもしれません。

忙しい時は泡立てネットに頼る、時間に余裕がある時はゆっくり丁寧に泡を作って洗顔をするなど、ライフスタイルに合った洗顔をしましょう。