毛穴の黒ずみはクレンジングや洗顔では完全に取り除けないやっかいな汚れです。

だからといって洗浄力の強いクレンジング剤を使ったり頻繁に洗顔をすると、今度は顔の皮脂バランスが崩れて油脂肌になってしまうなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

肌のダメージを最小限にして毛穴の黒ずみを取り除きたい、そんな時はガーゼを使った洗顔法を試してみましょう。

半額

ガーゼ洗顔で毛穴の汚れがすっきり落ちる

ガーゼ洗顔で毛穴の汚れがすっきり落ちる

手のひらで洗顔しただけでは落ちてくれない毛穴の奥の汚れに対して効果的なのが「ガーゼ洗顔」。

ガーゼは肌へ負担も少なく、何より角質を傷つけずに汚れだけを落とすことができるため、老廃物や毛穴の奥の汚れをピンポイントで取り除くことが出来ます。

 

また、ガーゼによって程よい力で肌が摩擦されるので血行の流れが良くなり、肌の血色が改善してワントーンほど肌色が明るくなります。

肌色はその人の印象を大きく左右しますから、明るい肌になればまとう雰囲気もガラリと変えられます。

ガーゼ洗顔を日課にして肌に残った古い角質を取り除くようにすれば、つるっとしたたまご肌も夢ではありません。

ピップベビー ベビー ガーゼハンカチ 10枚入

新品価格
¥570から
(2016/1/24 18:24時点)

正しいガーゼ洗顔のやり方をマスターしよう

正しいガーゼ洗顔のやり方をマスターしよう

洗顔に使うガーゼは、ドラッグストアなどで売っている医療用のものでも構いませんが、「ソフトタイプ」と表記がある柔らかめのものを選んであげた方が肌に負担がかかりません。

ガーゼを用意したら、まずはゆるめのお湯に浸して水分を含ませ、その上に洗顔フォームを適量乗せしっかりと泡立てましょう。

もっちりと弾力のある泡が作れたら中指にガーゼをくるりと巻いて、まずは額、次に頬、そして顎、最後に小鼻の皮膚を擦るようにして洗顔していきます。

 

この時、指は顔の中心から外側に向かって撫でるように動かすのがポイント。

内側から外側に指を動かすことで、老廃物がリンパ腺に流れやすくなり顔のむくみが改善します。

顔を全体的に洗い終えたら最後はぬるま湯でしっかりと泡を洗い流し、タオルドライをしたら化粧水や美容液で保湿しましょう。

ガーゼの摩擦で肌が温まっているため、化粧水の浸透率もグンとアップしているはずです。

 

肌へ程よい刺激を与え、角質を除去して肌のターンオーバーを正常に整えてくれるガーゼ洗顔。

手で洗顔するよりも簡単かつ確実に汚れを取り除ける、目からうろこの洗顔方法です。

洗顔中はあまり力を入れ過ぎると肌を痛めてしまう危険もあるので、始めは軽めに洗顔をしながら少しずつ力加減を調整してみてください。