ムダ毛処理は完璧!と思っている女性でも意外と見落としがちなのが「うなじ」のムダ毛。

うなじは普段自分の目に入らない部分だけに処理も甘くなってしまい、産毛がそのまま放置されていることもあります。

後ろ姿の美しさはうなじの美しさで決まるとっても良いくらい、うなじは女性の外見に影響を与える部分なのです。だからこそ普段から気を抜けず完璧な処理を行っておきたいですよね。

そんなうなじのムダ毛処理方法と、肌を傷めないアフターケアについてご紹介します。

半額

要注意!意外と見られているうなじ

要注意!意外と見られているうなじ

うなじは後頭部の髪の生え際と首の境目を指す部分ですが、日常生活の中ではあまり自分の目に触れることがないので、ついムダ毛の処理を怠ってしまう女性も多いと言います。

薄着になり露出が多くなるサマーシーズンになると、背中が露出した服を来たり髪をアップヘアにする機会が増えるので、うなじのムダ毛処理をこまめに行なうようになります。

しかし、サマーシーズン以外にもうなじは人目に触れやすい場所なので、気を抜かずに処理を行っておかなければ周囲にズボラ女子のレッテルを貼られてしまうかもしれませんよ。

関連:これからは毛を生やさない時代!ムダ毛は抑制できる食事って?

 

バスタイムにカミソリでうなじの処理を行なう

バスタイムにカミソリでうなじの処理を行なう

最も手軽なムダ毛処理方法は短時間で行なうことができるカミソリを使うこと。うなじのムダ毛処理にもカミソリを使っている人は多いのではないでしょうか。

うなじのムダ毛を剃る場合、カミソリは安全なT字タイプのものを選ぶのが良いでしょう。

うなじの皮膚は薄いので事前にしっかりと泡立てたシェービングクリームを塗り、肌のダメージを最小限に抑える準備もしっかりしましょう。

 

毛を剃っていくときは鏡を正面と左右に置いて毛流れにそってカミソリを動かすのが鉄則です。毛の流れに逆らってカミソリを動かすと、キレイに毛が剃れないだけでなく毛穴を傷つけてしまいます。

また、毛の生え際のギリギリまでムダ毛を剃ってしまうよりも生え際プラス3センチ程度ムダ毛を残しておくことによって、アップヘアにしたときに不自然にならないナチュラルなうなじに仕上がります。

 

脱毛クリームを使ってうなじをのムダ毛を取り除く

脱毛クリームを使ってうなじをのムダ毛を取り除く

こまめなうなじのムダ毛処理が面倒な方は、脱毛クリームを使った処理がおすすめです。

脱毛クリームは肌に直接クリーム塗って、数分置いた後にクリームを拭き取るというとても簡単な脱毛方法です。

 

ただし、肌が弱い方が脱毛クリームを使うと皮膚がかぶれてしまう可能性があるので事前にパッチテストが欠かせません。

また、塗り残しがあると毛がまばらになって仕上がりが美しくならないこともあるので、家族や友人などに手伝ってもらう方が良いでしょう。

脱毛クリームで毛を抜くと個人差はありますが1〜2間程度は毛のないツルツルのうなじが手に入りますよ。

 

絶対に失敗したくない時はエステを利用しプロにお任せ

絶対に失敗したくない時はエステを利用しプロにお任せ

うなじの処理を絶対に失敗したくない時は、セフルケアよりもエステを利用してプロの施術を受ける方が安心です。

いまは全国のエステでうなじだけの部分脱毛メニューを取り扱っているお店も多く、うなじだけであれば安価で脱毛を行なうことができます。

 

現在エステでの脱毛方法はレーザーを使った施術が主流になってきています。レーザーは毛穴に働きかけ自然と毛が抜けるようにする脱毛方法ですが、施術時に多少痛みがあることと定期的に通院しなければならないのがデメリットです。

しかし、その分脱毛効果は高く、こまめにセルフケアでうなじのムダ毛を処理するのが面倒だという女性にはおすすめです。

ミュゼ≪WEB予約限定スペシャル価格≫100円

 

うなじを処理したらアフターケアもしっかりと!

うなじを処理したらアフターケアもしっかりと!

うなじのムダ毛を処理したあと、忘れてはいけないのがアフターケア。脱毛は肌に大きなダメージを与えてしまうため、処理を行ったあとは必ず化粧水で肌に水分を与え、保湿してあげることが大切です。

特にカミソリなどを使った場合はどうしても皮膚を薄く削ってしまうため、処理後のバリア機能が低下し肌が乾燥しがちにになります。

このまま何のアフターケアもせずに放っておくと乾燥肌がシワを招き、黒ずみを引き起こす恐れもあるため必ず化粧水で水分補給を行い、水分がよく肌に浸透するよう乳液や美容クリームを使ってフタをしてあげるのを忘れないようにしましょう。

もしもうなじの処理後肌がヒリヒリする場合は、化粧水を塗るとさらに痛みが悪化することがあるので、ベビーパウダーをつけるだけの簡単なアフターケアで済ませたほうが無難です。

 

うなじは女性を魅力的に見せてくれるパーツの1つ。それだけに普段から処理も完璧にしておき、バックスタイルにも手抜きがないようにしておきましょう。

うなじの処理方法は個人の生活スタイルや肌質によって変わるものですから、自分のスタイルに最も適した処理方法を見つけるのも大切です。

いつうなじが人の目に触れても良いように、今日から完璧なうなじの処理を心がけましょう!