大人になると会社のイベントや人付き合いで、キャンプやバーベキューといったアウトドアイベントに参加する機会がぐっと増えます。

しかし、アウトドアシーンに適した服装はどんなものが良いのか分からない女性も多いのだそう。

もちろん、アウトドアには動きやすさを重視したファッションが一番ですが、だからといって野暮ったい服を着ていくのも嫌ですよね。

そこで今回は、大人になってから重宝するおしゃれと動きやすさを兼ね添えた、アウトドアファッションのコーディネートをご紹介したいと思います。

半額

パンツはゆったりとしたチノパンがベスト!

パンツはゆったりとしたチノパンがベスト!
引用:weheartit.com

アウトドアに参加するときは準備や片付けなど、とにかくたくさん動くことになります。ですから、細身のパンツを履いて行くと脚が圧力で締め付けられて苦しくなり、夕方には脚がパンパンでパンツを脱ぐのも一苦労……という状態にもなりかねません。

そんな状態を避けるためにも、アウトドアシーンに着ていくボトムはゆったりとしていて脚を締め付けないチノパンがベスト。

チノパンはゆったりとしていながらシルエットも美しくデザインされていますので、下半身のラインを美しく見せてくれる効果もあります。

他の女性を差をつけたいなら、アウトドアシーンにもちょっとしたおしゃれを取り入れてみましょう。

 

ボーイッシュでアウトドアにぴったりなサロペット

ボーイッシュでアウトドアにぴったりなサロペット
引用:weheartit.com

サロペットはアクティブに動いても楽ちんな優秀アイテム。アウトドアシーンに着ていくアイテムとしてはこれほどぴったりなものはありません。

サロペットをおしゃれに着こなすなら、インナーを無地ではなくロゴのプリントさえれたTシャツや、細いボーダー柄にするのがおすすめです。

 

さらに、カーディガンを肩かけしたり裾をロールアップしてバランス感を調整すれば、おしゃれと動きやすさを兼ね添えたアクティブコーデになります。

サロペットの素材はベーシックなインディゴのデニムを選ぶのが今年風です。

 

使い道いっぱいのチェックシャツも忘れずに

使い道いっぱいのチェックシャツも忘れずに
引用:weheartit.com

こなれ感が出ると女性に人気のシャツの腰巻きスタイル。実はこのスタイルもアウトドアシーンによくマッチします。

野外で行われるイベントは、ちょっとした天気の変化で気温が変動し急に肌寒くなったり暑くなったりしますよね。

そんな時に備えて、防寒着として持って行きたいのがチェックシャツ。暑いときは腰に巻いてカジュアルなスタイルにしておき、ちょっぴり肌寒くなったら上着として羽織るという二通りの使い方ができます。

Tシャツにジーンズという定番のアウトドアコーディネートをしていく場合も、腰にさっとチェックシャツを巻きつければ一気にスタイルアップすることができ、おしゃれな雰囲気を演出できますよ。

 

UVケア効果も抜群のキャップで、野外でも安心

UVケア効果も抜群のキャップで、野外でも安心
引用:weheartit.com

野外は晴れでも曇りでも、常に大量の紫外線が降り注いでいるもの。日焼け止めを塗ってUVケアをしてもアウトドアシーンではすぐに汗で日焼け止めが落ちてしまいます。

そんな時のために持って行きたいのがロゴキャップ。キャップは頭にフィットしてくれるのでいくら激しく動いても脱げることがありませんし、邪魔なときは折りたたんでポケットに仕舞うこともできます。

キャップをかぶるとスポーティーな雰囲気も加わるので、シンプルなファッションにアウトドアテイストを加えたいときにはとても重宝するアイテムですよ。

 

アウトドアシーンに着ていく服を選ぶとき、どれくらいカジュアルにしたら良いの?と頭を抱えたことのある女性も多いと思います。

動きやすさを重視すればおしゃれが犠牲になり、おしゃれを優先すると今度は動きにくくなってしまう、それがアウトドアコーデの難しさなのです。

もし今後アウトドアコーデに迷ったら、ぜひ今回ご紹介したアイテムを参考にしてみてくださいね。