洋菓子などを買ったときについてくる保冷材。捨てるのも勿体ないし、いつか使うかもしれないと自宅の冷蔵庫に眠っていませんか?

実は、保冷剤はダイエットや美肌を保つために使えるれっきとした便利グッズ。

簡単すぎるその使い方をマスターしてしまいましょう。

半額

保冷剤を使うと部分痩せが可能になる

保冷剤を使うと部分痩せが可能になる

肥満の原因である皮下脂肪には、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞という2種類の細胞があります。

運動によってエネルギーに分解され燃焼していくのは主に褐色脂肪細胞の方で、白色脂肪細胞は燃焼しにくいという特徴があり、この白色脂肪細胞を取り除くのはなかなか困難。

 

その特徴から、白色脂肪細胞は「貯蔵型」と呼ばれるほどです。

しかし、燃焼しにくい白色脂肪細胞に保冷剤を当ててあげることで、寒冷刺激の影響を受け、白色脂肪細胞が燃焼しやすくなるというのです。

 

もともと、人間の身体は体温が低ければ低いほど身体が体温を上げようとエネルギーを消費していく仕組み。

保冷剤を気になる部位に当てると、当てた部位の部分痩せ効果が期待できるだけでなく、寒冷刺激を受けて全身の代謝の向上にも役立つ、というわけなのです。

 

保冷剤を顔に当てると、毛穴を引き締めきめ細かい肌に

保冷剤を顔に当てると、毛穴を引き締めきめ細かい肌に

保冷剤の冷たさは、皮脂や老廃物が詰まることで開いてしまった毛穴を引き締めるのに利用できます。

毛穴の汚れをクレンジングで落とし化粧水でしっかりと保湿した後に、保冷剤を2~3秒ずつ頬や小鼻など毛穴が目立ちやすい部分に当ててあげると、毛穴がきゅっと引き締まり、だんだんと小さくなっていくのです。

 

毛穴の開きは肌の美しさに影響するだけでなく、老けてみられるなどの原因にもなってしまいますので、きちんとケアをすることが大切。

しかし、顔の皮膚は薄くデリケートなものです。保冷剤を長時間同じ部分に当て続けると、低温火傷や凍傷を起こし、痣が出来てしまう場合もあるため、保冷剤を皮膚に当てるときは短時間で済ますようにしておきましょう。

 

また、保冷剤のパッケージの角は尖っていることが多く、そのままでは肌を傷つけてしまう恐れも。

顔に保冷剤を使う時だけは、薄手のハンカチやガーゼにくるんでおいた方がより安全です。

 

保冷剤を使った部分痩せダイエットと美肌作り、いかがだったでしょうか?

ただで貰える保冷剤が、こんなに便利な美容グッズに変身するなんて本当に驚きで、なんだか得した気分になりますよね。

冷蔵庫の中に保冷剤があれば、今日からでも始められそうな簡単美容法、ぜひ一度試してみてください。