美容や健康のために、普段の生活の中で必ず飲んでいる飲み物はありますか?

グリーンスムージーや豆乳、ライスミルク、ルイボスティーなど、身体にメリットがある飲み物を飲み続ける習慣は身体にとってとても良い事です。

しかし、美容効果のある飲み物を飲む「タイミング」については無関心な女性が多いです。実はどんな効果を持っていても、タイミングによっては栄養が身体に吸収されにくい場合もあります。

女性の間でも飲んでいる人が多い健康的な3つの飲み物と、効果を高める飲むタイミングについておさらいしてみましょう。

半額

豆乳は女性ホルモンの分泌に合わせて飲み分ける

豆乳は女性ホルモンの分泌に合わせて飲み分ける

豆乳の原料である大豆に含まれるイソフラボンが、女性ホルモンの分泌を促進させる効果があります。

いつまでも女性らしいボディを保つためには、豆乳は日頃から飲んでおきたい飲み物の1つです。

 

豆乳は忙しくて朝食を食べる時間がない日に飲むと、朝ごはんの代用としても活用できます。

豆乳の中には大豆のたんぱく質が溶け出しており、忙しい日や食欲のない日に1杯飲むようにするだけで、体内のエネルギーを補給してあげることが出来るのです。

一方、夜の寝る前に飲めば、就寝中に大豆イソフラボンが美肌に欠かせないコラーゲンの生成を助け、肌のターンオーバーを促進してくれますよ。

 

トマトジュースは夜に飲むのが効果的

トマトジュースは夜に飲むのが効果的

トマトジュースは肌を美白にし、抗酸化作用を持つリコピンを多く含んでいます。トマトジュースは夜に飲むのが効果的です。

トマトに含まれるリコピンは成長ホルモンの分泌量を増やし、活発にさせる働きがあります。

そのため、一日の中で成長ホルモンの分泌がピークを迎える22時~深夜2時以前に飲むようにしておくと、高い美容効果が得られるのです。

有塩のトマトジュースを飲むと翌朝むくみんでしまう可能性もあるので、夜に飲む場合は必ず無塩タイプのトマトジュースを選ぶようにしましょう。

 

コーヒーのカフェインが仕事の質を左右する?

コーヒーのカフェインが仕事の質を左右する?

コーヒーは自宅だけでなく職場などでも飲む機会が多いですよね。

コーヒーを夜に飲むとコーヒーに含まれるカフェインが睡眠を妨げてしまうので、朝~日中で飲むようにすることが望ましいです。

人間は朝目覚めてから午前中の間は中々やる気にエンジンがかからず、集中力が散漫になりがちです。これは副腎皮質ホルモンと呼ばれるコルチゾールの分泌量が少ないことが原因です。

コルチゾールによる集中力の低下を防ぐには、コーヒーを飲みカフェインの持つ集中力維持効果に頼ってみるのが一番手っ取り早い方法です。

また、食後の満腹感から眠気を強く感じる午後はコーヒーを飲んでから10分ほど仮眠すると頭がリフレッシュされるため、仕事の生産性を上げることが出来ますよ。

 

このように、飲み物には最適な「飲むタイミング」というものが存在します。

美容効果があるから、健康に良いからとむやみに飲むのではなく、最適なタイミングで飲むことによっていつも感じている以上の効果を実感できる事もあります。

今後は健康的な飲み物を飲むタイミングを意識して、自分だけの「1杯」を飲む習慣を心がけてみてください。