メイクにも匹敵するほどの顔面補正効果を持つ「伊達メガネ」。

レンズに度が入っていないことから、視力が良い人がかけている事の多いメガネですが、なんと今は視力が悪い人も、自ら好んで伊達メガネをかけるのだと言います。

そうまでして伊達メガネをかける理由は、一体どこにあるのでしょうか。

半額

伊達メガネをかけると、目が大きくなる?

伊達メガネをかけると、目が大きくなる?

伊達メガネは、これまでファッショアイテムの1つというイメージが強いメガネでしたが、近年、近視用のメガネをかける人の間で特に人気が出てきました。

その理由はなんと「目が大きく見えるから」。

近視用のメガネは、レンズの仕様で正面から見たときにどうしても目が小さく見えてしまいます。

これはレンズが物を縮小させて見せているためで、近視用レンズの特徴でもありました。

 

しかし、どれだけ目を大きく見せるメイクをしても、近視用のメガネかけると目が小さくなるというのは、女性にとって苦痛以外の何物でもありません。

近視用に関わらず、遠視用、乱視用など視力調整を目的としたレンズは、太陽光が当たると変色するなどの特徴をもっており、この変色の影響で顔が暗く見えるのを嫌う女性も多く存在しました。

そこで、メガネをコンタクトに変え、その上から伊達メガネをかけて本来の目の大きさや顔色をキープする、という方法が流行していったのです。

 

伊達メガネは視力低下を招く原因になる可能性も?

伊達メガネは視力低下を招く原因になる可能性も?

近視や乱視のような視力の悪化がなく、裸眼でも十分な視力がある人が伊達メガネをかけると、視力が低下する、という噂も飛び交っていますが、これは根拠のないまったくのデタラメです。

ただし、伊達メガネはレンズにプラスチックを使用している事も多いため、些細なことで汚れやすくなっているもの。

汚れたままのレンズを通して物を見続けると、物がぼやけて見えたり、かすんで見えたりしますが、これが視力に悪影響を及ぼすという見方もあります。

 

伊達メガネをかけていて、目が疲れたり物が見にくく感じる場合はすぐに着用をやめ、目を休ませてあげることが欠かせません。

おしゃれの為に我慢をして伊達メガネをかけ続けると、様々な目のトラブルの原因になりかねませんので、絶対に止めましょう。

 

伊達メガネはこの他にも、目に入る花粉を防いでくれたり、UV効果のあるレンズを選べば紫外線が目に入るのを防いで、瞳の日焼け防止にも役立ちます。

ファッションによって付け替えられるように、お気に入りの伊達メガネを数本持っておくと、とても便利かもしれませんね。

日本最大級のおしゃれメガネ・サングラス通販サイト|OhMyGlasses