就寝前に水分をとると、身体がむくむので良くないというのは常識ですよね。

しかし、今はそんな常識が見直されて、多くの医師が就寝前には積極的に水分をとることを勧めているのをご存知でしょうか。

では、就寝前に水分を摂ると身体にとってはどんなメリットがあるのかを見てみましょう。

半額

寝ている間、身体は常に水分不足に陥っている

寝ている間、身体は常に水分不足に陥っている

就寝中の身体は常に汗をかいており、水分不足の状態に陥っています。

身体から水分が失われると血液濃度が濃くなってしまい血液がドロドロの状態になり、このドロドロ血液は身体の代謝を鈍らせるだけでなく、心筋梗塞や脳卒中にも繋がるとても危険な状態です。

このような疾患を発症する大半が朝方や寝起き間もない時間なのは、就寝中に水分不足になり、ドロドロな血液が脳に悪影響を及ぼした結果なのです。

 

また、水分不足になると口の中が乾き、呼吸がしにくくなるので眠りが浅くなってしまいます。

沢山寝たのになんだか頭がすっきりしないという場合は、水分不足による寝不足の可能性も否定出来ません。

 

就寝前にはコップ1杯の水を常温で飲むのがベスト

就寝前にはコップ1杯の水を常温で飲むのがベスト

就寝前の水分補給は、いくつかのポイントに気をつけるだけで身体への吸収率に差が出てきます。

まず、冷たい水よりは常温の水を選び身体を冷やさないようにすることが大切。

眠る前に身体を冷やしてしまうと寝付きが悪くなってしまい、身体も体温を上げようと本来ならば使う必要のないエネルギーを消費してしまいます。

睡眠中はただでさえエネルギーを消費してしまうものですから、冷たい水を飲むと翌朝目覚めたときに、いつも以上の疲労感を感じる事があるかもしれません。

 

また、温度に気をつけても一気に大量の水を飲むのは、全く効果がないのでやめましょう。

身体は一気に大量の水を吸収することが出来ないため、余分な水分はすぐに体外へ排出されてしまいます。

それだけでなく、肝臓に負担がかかったり、血液が一時的に薄まる可能性もあるので、あくまでも就寝前の水分補給は200~300mlほど、コップでは約1杯程度に抑えておいた方が良いでしょう。

 

カフェイン入りのドリンクやアルコールを飲むと当然寝付けなくなってしまうので、就寝前にはこのような飲み物は極力飲まないようにしておき、出来れば水やスポーツドリンクを選ぶようにしましょう。

今は飲みきりサイズのペットボトルや小型のタンブラーもありますので、このようなボトルを枕元に置いておき、のどが渇いて目が覚めた時でもすぐに水分補給が出来る用意をしておくのもおすすめです。