全身には健康に良いとされるツボが何カ所もありますが最も多いのが足の裏です。

足の裏には頭の先から爪先までに関係するツボが集まっているといわれています。

瘦せたいけれど運動は好きじゃない、運動自体したくないということがあると思いますが、そのまま体を刺激せずにいるとどんどん代謝が低下していき、瘦せにくく太りやすくなってしまいます。

そんな時には足の裏に注目してみましょう。なんとなく体内の気が滞っていると感じた時にも、足の裏を刺激するだけで内蔵が活性化され、特別なことをしなくても体を元気にしてくれます。

内蔵が活発に動き出せば基礎代謝も上がり、常に瘦せるスイッチをONの状態にできるのです。

半額

ダイエットの近道は足の裏のマッサージにあり

ダイエットの近道は足の裏のマッサージにあり

太る原因として主に内蔵が元気に働いていないことが挙げられます。

内蔵が弱っていると血流のポンプ機能の低下でむくみやすく、代謝も下がってしまうので毒素が出ていかずに便秘になります。

足の裏には体中の末端神経が集まっているのでダイエットするのであれば、まず内蔵に直結する足裏のツボを刺激し活性化して体を軽くすることから始めてみましょう。

では、内蔵が元気になるツボがどこにあるのか見ていきましょう。

 

ダイエットに効き内蔵も元気になるツボとは?

ダイエットに効き内蔵も元気になるツボとは?

ストレスによる暴飲暴食で太ってしまう悩みを解消するには、甲状腺と副甲状腺を刺激します。

これは本来は首の前側にあり新陳代謝を促すのですが、この働きが鈍ると食欲がコントロールできなくなります。

足裏の親指の付け根から少し下までがその範囲なので、そこを痛くない程度に押すと効果があります。

 

お酒が好きな方は肝臓を内側から元気にしましょう。

右足の裏の小指の付け根から指3本下辺りが、肝臓と胆のうに効果があるツボです。

アルコールの分解を助け、太りやすい原因になるドロドロな血液を防いでくれます。

 

ダイエットの大敵である代謝の低下と便秘を防ぐには、大腸と小腸を活性化させます。

両足の裏の下半分の凹んでいる範囲を、マッサージをするように押すと効果があります。

小腸が活性化されると必要な栄養がきちんと入ってくるため、栄養不足によるリバウンドのリスクも減ります。

 

足の裏は部分的にツボを覚えなくても、日常的に青竹踏みや健康サンダルなどを使うことで全体的な内蔵の活性化を計れます。

無理に運動しなくても、こうしたアイテムを活用して足の裏を刺激しているだけで同じような代謝アップ効果があるのです。

内蔵をいつも元気にキレイに保っておくことが、ダイエットの成功に繋がるので是非試してみてください!

イモタニ(IMOTANI) ビューティーシェイプ 足ツボ名人 HH-709

新品価格
¥302から
(2016/1/28 04:02時点)