ダイエットは身体への負担を考え、長期的に計画を立てて少しずつ体重を落としていくのがベスト。でもどうしても短期間で痩せたい!という時もありますよね。

短期間で痩せたいときは断食や過酷な運動を行うなど、つい無理をしてしまいがちですが、このように無理なダイエットは一時的に体重を減らすことはできてもリバウンドのリスクが高く、何より身体に大きな負担をかけてしまいます。

短期間で痩せたいときは、毎日の生活の中で基礎代謝を上げる運動や食事をプラスしてあげるのが1番。

今回はそんな短期間ダイエットを成功させる5つのポイントをご紹介します。

半額

短期間で痩せたいときは外食や飲み会の参加はNG

短期間で痩せたいときは外食や飲み会の参加はNG

働く女性のダイエットを阻害する最も大きな原因となるのが外食や飲酒。社会に出れば交友関係も広がるため、会社の行事や飲み会などに参加しなければないことが多くなるものですが、このような習慣がダイエットを阻害している大きな原因になることも珍しくありません。

外食は自分で食事のカロリー調整をするのが難しくなるため、ついカロリー摂取量が1日の適正量を大幅にオーバーしてしまったり、脂っこい食材を多く食べてしまいがちです。

短期間で痩せたいときにこのような状態が続けば、いくらダイエットを頑張ったところで全てが水の泡。ですから短期間ダイエットを実践しているときは外食を控え、飲み会などへの参加も極力断るようにしましょう。

 

短期間ダイエットの強い味方「有酸素運動」

短期間ダイエットの強い味方「有酸素運動」

短期間でのダイエットを成功させるために進んで取り入れたいのが有酸素運動です。

有酸素運動は主にウォーキングやサイクリングなど全身を使って行なう運動のことで、効率的に脂肪を燃焼させるのに役立ちます。

日本の成人女性は世界的に見ても運動不足が深刻だといわれており、定期的に身体を動かしている人はごくわずか。しかし短期間で痩せたいときに、運動をしないという選択肢はほぼないと考えた方が良いでしょう。

 

有酸素運動を行なうとカロリーが大きく消費できるだけでなく、普段使っていない筋肉が刺激されて徐々に筋肉量が増加していきます。

筋肉量が増えるとそれに伴って代謝もアップするので、よりスムーズに脂肪をエネルギーに変換することができるようになり、俗にいう「痩せ体質」を作ることができるのです。

 

便秘を解消することでマイナス1キロを叶える

便秘を解消することでマイナス1キロを叶える

女性は男性に比べて腹筋が弱いため、排便リズムが乱れやすく便秘がちな人が多いと言われます。

慢性的な便秘になると常に腸の中に大量の便が残るため、体重が500グラム〜1キロ程度増えることもあります。

 

短期間で痩せたいときは、まずこの頑固な便秘を解消して腸の中に残っている便を全て出し切ることが大切です。便が排出されれば、個人差はありますが約1キロ程度の体重減少が見込めます。

便秘を解消するためには腸内環境を悪化させている悪玉菌の数を減らし、善玉菌を増やすのが最も効果的。善玉菌はヨーグルトや食物繊維を摂取することで増加するので、毎日の食事にこうした食品をプラスしてみてください。

関連:便秘解消効果のある食べ物5つを紹介!食事で腸内環境を整え身体の内側から改善!

 

姿勢を正し、歩き方を変えてカロリーを消費

姿勢を正し、歩き方を変えてカロリーを消費

普段からつい猫背気味になったり、歩くときも膝が曲がっているなど姿勢が悪いと、身体に脂肪がつきやすくダイエットを阻害する恐れがあります。

猫背であれば常に腹部が圧迫されるので、下腹にぜい肉がつきやすく下半身が太ってしまうリスクが増大します。歩くときに膝が曲がっている女性は骨盤がゆがんで脚がO脚になりやすいため、どうしても脚に脂肪がつきやすくなってしまうのです。

 

このような姿勢の悪さをそのまま放置しておくと短期間で痩せるのが困難になります。ですから短期間で痩せたいと思ったときは、まず姿勢を矯正することが必要です。

普段猫背ぎみになる人は椅子に深く腰掛けるよう意識し、机と椅子の感覚などを変えてみるのがおすすめ。

また、歩くときは常にかかとから着地するようにして、腕を少し大きめに振るとカロリー消費量がアップしダイエットを手助けしてくれますよ。

 

痩せる食材中心のメニューにして食事を管理

痩せる食材中心のメニューにして食事を管理

私達が普段食べている食品の中には、太りやすい食品と痩せやすい食品があります。短期間ダイエットを行なうときは、毎日の食事をこの痩せやすい食品中心のメニューにシフトしてみましょう。

痩せやすい食品で有名なものは、血糖値を下げて脂肪の吸収を緩やかにしてくれる唐辛子やグレープフルーツ、きのこ類などです。

また、筋肉の生成に欠かせないたんぱく質を多く含む食材も積極的に食べると良いでしょう。たんぱく質は肉よりも魚から摂取した方が、オメガ3脂肪酸の恩恵を受けてダイエットが成功しやすくなりますよ。

 

短期間で痩せたいからと無理なダイエットをしては、その後リバウンドやストレスによる暴飲暴食でまた太ってしまいかねません。

短期間ダイエットのコツは、痩せやすい習慣や食事を積極的に取り入れること。まずは普段の生活習慣を見直して肥満を助長するような行動を把握し、しっかりと対処しながらダイエットに励むことが痩せるための1番の近道だと言えるでしょう。