黒髪の女性と聞くとどんな雰囲気を想像しますか?清楚、上品など良いイメージもありますが、性格が暗そう、生真面目そうなどというネガティブなイメージを持つ人も多いようです。

しかし、黒髪は日本人の肌色に1番マッチする髪型。さらに、頻繁に美容室に行かずに済むというメリットもあります。

黒髪にしたいけど暗く見られるのは嫌!という女性に「黒髪でも垢抜けておしゃれに見える髪型」を紹介します。

半額

黒髪のロングヘアなら、パーマで軽やかに

黒髪のロングヘアなら、パーマで軽やかに
引用:beauty.hotpepper.jp

黒髪ロングの女性におすすめしたいのは、ダークカラーでも重さを感じさせないパーマヘア。特に無造作感を感じさせる外国人風のエアリーパーマをかけると、毛先がふんわりと踊って黒髪でも軽やかな印象に。

ここからさらに軽やかさを出したいときは、前髪を少なめにしてあえて眉を見せるシースルーバングや、顔の面積を広く見せる眉上バングにするなどして前髪で変化をつけると良いでしょう。

黒髪ロングというとどうしてもオリエンタルなストレートヘアの印象が強いと思いますが、黒髪ロングのストレートヘアは雰囲気もきつく見えてしまいます。黒髪でロングヘアにするのなら、少しパーマをかけるだけで印象に大きな違いが出てきますよ。

 

黒髪×ボブはクラシカルなシルエットにこだわろう

黒髪×ボブはクラシカルなシルエットにこだわろう
引用:beauty.hotpepper.jp

黒髪ボブは、丸みを帯びたシルエットがほんのりレトロ感を感じさせてくれる髪型です。

しかし、オーソドックスなボブヘアでは顔の輪郭が強調され、面長の女性だと顔が長く見えるだけでなく雰囲気も暗く見えてしまいます。

このようなデメリットを解消するためには、前下りのワンレンボブや、外ハネボブなどほんのちょっと「クラシカル」な形にするのがコツ。

前下りのワンレンボブは前髪を耳かけにして顔周りに髪が散らないようにするだけで、黒髪であっても顔周りが暗くならない便利な髪型です。

 

そして外ハネボブは黒髪の持つ暗さを感じさせないほど、キュートでアクティブな雰囲気を演出してくれます。

また、いずれの髪型でも毛先をゆるく巻くと、女性らしい柔らかさが生まれてフェミニンな印象になりますよ。

関連:もうダサいなんて言わせない!黒髪に最も似合う「王道メイク」を徹底マスター

 

黒髪ショートならタイトでレディな雰囲気を目指そう

黒髪ショートならタイトでレディな雰囲気を目指そう
引用:beauty.hotpepper.jp

黒髪ショートは、ロングヘアやボブヘアと違い雰囲気が暗くならない便利な髪型。ちょっぴりモードでスタイリッシュなイメージを持たれがちですが、実は1番挑戦しやすい髪型でもあるんです。

黒髪ショートのトレンドは、ハンサム度抜群のタイトショートか丸みのあるシルエットが可愛いマッシュ。どちらも美しいラインが特徴のヘアスタイルで、頭の形を美しくみせてくれることから美容室でも人気の髪型だと言われています。

タイトな黒髪ショートは、輪郭が面長で眼や鼻などのパーツが大きめの大人っぽい雰囲気の女性にとてもマッチします。

 

一方で黒髪のマッシュショートはガーリーな雰囲気になるため、10〜20代の女子や実年齢より若く見せたい女性におすすめ。

マッシュショートは毛足を長めにしておくと、ヘアアイロンでさまざまなアレンジを楽しむこともできてとっても便利です。ガーリーなだけでなくボーイッシュな雰囲気や無造作なくせ毛風アレンジなどにチェンジできるので、ヘアアレンジが得意な女性はマッシュショートにしておくと毎日のヘアセットが楽しみになること間違いなしです。

 

いまは芸能界でも多くの女優、モデルが髪色を黒髪にチェンジし一大ブームになっています。そのため黒髪に憧れる女性も増えていますが、一方で失敗したらどうしようと悩んでしまう女性も多いはず。

今回ご紹介した黒髪ロング・ミディアム・ショートのヘアスタイルなら、印象を大きく変えることなくオシャレ度をぐっとアップできます。

今年はトレンドの黒髪に髪色をチェンジして、さらにおしゃれな女性を目指しましょう!