夜、一日の疲れを取ってくれるバスタイムは女性にとって至福の時間。

しかし、湯船に浸かってリフレッシュした後、お風呂あがりの時間こそが女性がより綺麗になれる「ゴールデンタイム」だったのです。

美しさを手に入れることが出来るかもしれない、お風呂あがりの行動を紹介します。

半額

素早く肌を保湿してあげることで、潤いが2倍に!

素早く肌を保湿してあげることで、潤いが2倍に!

お風呂あがりは、お湯の影響で肌がいつもよりも急激に乾燥してしまいがちです。

その乾燥速度は、なんと約20分で体中の皮膚の水分が失われ、いわゆる「乾燥しすぎ」の状態に陥ってしまうほど。

肌を乾燥させた状態のまま放置してしまうと、皮脂が過剰分泌になり毛穴が目立つ原因になってしまいますので、お風呂あがりは出来るだけ早く肌の保湿を行ってあげることが望ましいと言われています。

 

お風呂あがりにすぐ肌の保湿をした方が良いと言われるのにはもう一つ理由があります。

それは、湯船で温まった身体は水分の浸透率が高く、通常時に比べて化粧水を肌の奥まで染み込ませてくれるから。

お風呂あがりの水分をたっぷりと含んだ肌は、すぐに保湿すれば肌が含んでいる水分が蒸発せず、肌の中に保たれるのです。

美しい肌の条件は肌の水分量が多いことですから、お風呂あがりにすぐ肌を保湿するクセをつければ、自然と美肌が手に入るというわけですね。

 

お風呂あがりは水分補給で身体の内側からキレイに

お風呂あがりは水分補給で身体の内側からキレイに

お風呂の中では、お湯を浴びることによって体内の水分が汗となって失われていきます。

その為、お風あがりの身体はかなりの脱水状態になっています。

しかし、ここで冷たい水やジュースをぐいっと飲んでしまうと、せっかく温まった身体と内臓を冷やし、せっかく活発になった代謝が低下する原因になってしまいますので、お風呂あがりにはできるだけ冷たい飲み物を避け、常温か温かい飲み物を飲むように心がけましょう。

 

代謝が活発になり、シャワーの刺激などでリンパの流れも良くなっていますので、利尿作用のある緑茶や牛乳などを飲むと、体内の老廃物がスムーズに排出されやすくなりますよ。

カフェインにも強い利尿作用がありますが、睡眠を阻害する恐れがあるため、お風呂あがり~就寝前には飲まないほうが良いでしょう。

 

より美しさを手に入れるため、お風呂あがりに試したい2つの習慣をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

お風呂あがりはまず素早く肌の保湿と水分補給を行うことを行い、その後でゆっくりと身体を休め、就寝準備に取り掛かってくださいね。