自分の目の形にコンプレックスを持っている女性は多く、特に一重や奥二重の女性が目をくっきりとした二重にするため、毎日マッサージを続けたりアイテープを使うことも珍しくありません。

しかし、いくら自力で目の形を二重にしたいからと間違ったケアを続けても全く効果が出ないのは当然です。それだけでなく、過剰なケアはデリケートな目とその周辺の皮膚を傷つけてしまい、色素沈着などの肌トラブルを引き起こしてしまうこともあるのです。

今回は、自力で二重を手に入れたいときに試してほしい3つのテクニックをご紹介します。

半額

まずは自分の目の形をしっかりと把握しよう

まずは自分の目の形をしっかりと把握しよう
引用:weheartit.com

日本人の目の形は大きく分けて3つです。アーモンドアイと呼ばれる一重まぶた、末広がりになっている奥二重まぶた、そしてくっきりとまぶたが並行になっている二重まぶたです。

こうした目の形を決める要因は主に遺伝や脂肪です。そのため、先天的な一重まぶたでもマッサージなどで二重を作ることは決して不可能なことではないのです。

 

日本人はモンゴロイドと呼ばれる人種であり、その特徴として目頭にはまぶたの先端を覆い隠す「蒙古ひだ」という皮膚があるのが特徴です。

蒙古ひだがあると二重になりにくいとも言われていますが、マッサージなどを続けることによってまぶたに二重の皺が定着すれば次第に目立たなくなってくる人も多いようです。

関連:蒙古ひだをなくす方法とは?マッサージですっきり二重へと解消!

 

アイテープを使って二重をクセづけする

アイテープを使って二重をクセづけする
引用:weheartit.com

まぶたに粘着性のテープを貼って皮膚をくっつけ、人工的に二重にするグッズ「アイテープ」を使っている方も多いと思います。

アイテープはとても細い糸状になっており、色も透明なことから正面から見ても皮膚と同化してほとんど目立ちません。

一重や奥二重の女性が毎日アイテープを使い、人工的にまぶたを二重を作る習慣を取り入れるとやがてまぶたにシワが定着していき、ぱっちりとした二重になることがあります。

アイテープを使って二重を定着させるコツは、毎日同じ場所にアイテープを貼ること。たとえ毎日アイテープを使用していても日によって貼る場所が変わってしまえばシワが定着せず、いつまで経ってもまぶたが二重になりません。

 

一方、毎日決まった場所にアイテープを貼り続けるとやがてそのラインに癖がついてシワになり、徐々に二重に変わっていきます。

ただ注意しければならないのは、まぶたの皮膚はとてもデリケートです。アイテープをつけたまま寝たり、貼ったアイテープを乱暴に剥がしたりすると皮膚にダメージを与えてしまうので気をつけましょう。

 

就寝前に温タオルでまぶたを温めると二重に!

就寝前に温タオルでまぶたを温めると二重に!

一重や奥二重の人は、まぶたに脂肪がつきすぎているため二重にならないケースがあります。

このような場合はまぶたの脂肪を取り除くことで眼の形が二重になることもあるので、自分のまぶたに脂肪が多く腫れぼったく見えるようなら、まずは脂肪を減らすことが先決です。

まぶたの脂肪を取り除くには目元を温めて周辺の血行を改善するのが1番。特に、就寝前に水で濡らしたタオルをレンジで30秒温めて温タオルを作り、目元に当て続けると次第に目元の脂肪が燃焼され、まぶたもすっきりとしてきます。

まぶたを目のくぼみに沿ってくるくるとマッサージすると、血行改善と合わせて次第に二重のシワが定着していきますよ。

 

目元の筋力をアップさせて二重を作る

目元の筋力をアップさせて二重を作る

目元には、眼球を支える眼輪筋と呼ばれる筋肉があります。この筋肉が衰えることによって目元がたるみ、目を一重や奥二重にしているケースも考えられるため眼輪筋を鍛えることでまぶたが二重になることがあります。

眼輪筋を鍛えるためには、毎日2、3回のエクササイズを取り入れるのが良いでしょう。

 

やり方は、まず目を力いっぱいぎゅっとつむった後、今度は目を目一杯開いたまま10秒キープするだけ。この動きを5回1セットとして毎日繰り返すと眼輪筋がゆるやかに発達していきます。

眼輪筋は日々の生活の中で何か物を見る際に使われる筋肉ですが、パソコンなどを長時間見続けることによって凝り固まり血行不良に陥る場合も多いと言われます。

そのため、筋肉を鍛えて血行を改善し同時にたるんだ目元の筋肉や皮膚を持ち上げてあげれば、目元がすっきりして二重になりやすくなるのです。

 

顔の筋肉はすべてつながっているため、目元だけでなく眉や頭皮が凝っていると眼輪筋だけを鍛えても効果が半減してしまうこともあります。

普段からフェイスマッサージなどを取り入れ、目が疲れたと感じたら眼輪筋エクササイズを行いつつ目薬を使って目の負担を緩和するなどのケアをすると、より高い効果が見込めます。

 

このように、たとえ目の形が一重や奥二重であっても毎日地道なケアやマッサージを続けることで、後天的に二重まぶたを手に入れることは可能です。

毎日マッサージを続けることは楽なことではありませんが、二重になった自分の姿を想像すれば挫折せずに頑張れると思います。ちょっとした時間を見つけてケアを続け、ぜひ二重を手に入れてくださいね!