インナービューティーになるためには野菜は欠かせないものです。野菜が好きなら多くの量を食べても苦にならず、お得な感じがしますよね。

ただ、いくら野菜が好きといっても毎回サラダを山盛り、スープはいつも同じ食材に同じ味とマンネリ気味になる事もあるのではないでしょうか。

飽きた食べ物を健康のために摂り続けていると、やがてストレスが溜まってしまいます。

野菜は食べながら痩せられる嬉しい食材でもあるので、なるべく毎日楽しく続けたいですよね。甘味や調味料などに目を向けると、野菜を取り入れた食事の幅がグッと広がります。

半額

腸を整える野菜生活

腸を整える野菜生活

無理な食事制限をしない代わりに食べて痩せられる野菜生活も、胃腸を元気にする食材と合わせればスリムと美肌の両立ができます。

塩気が欲しい時は塩麹を使ったり、スムージーを作るならヨーグルトを加えるなど、整腸作用の高いものを組み合わせるのがおすすめです。

野菜も量より質を重視して、体や腸に溜まった老廃物を除去する有機野菜、色味の強い野菜を意識して取り入れる事が大切です。

 

そして、野菜の切り方も素材に対して真っすぐではなく、少し角度をつけ削ぐように切ると、味の染みこみが増し野菜の淡白さを軽減できます。

忙しい時は切った野菜を鍋に入れ少量の水で蒸し煮にするだけでも、野菜本来の旨味を引き出せます。

このウォータースチーム調理はスープ料理と違い、野菜の栄養を閉じ込め流れ出るのを防ぐ事ができるのです。

 

野菜生活をサポートする甘味&調味料

野菜生活をサポートする甘味&調味料

野菜中心の食生活を長く楽しく続ける為には、甘味や調味料の工夫をすると続けやすいです。

ヘルシーな食事ばかりしていると、急に甘いものが欲しくなったりします。

体が熱を放出したがっているというサインなので、それを助けてくれるドライフルーツやくるみなどのナッツ類を間食に食べましょう。

栄養豊富で自然の甘さが味わえるので、高カロリーのお菓子に手を出す前にこれらを口に入れてみるのがおすすめです。

 

料理や飲み物に甘さが欲しい時は白砂糖ではなく、サボテンから抽出したアガベシロップやメープルシロップ、蜂蜜といった自然甘味料に変えると良いでしょう。

調味料も生醤油や発酵期間の長い熟成味噌をチョイスするなど、少しの変化を加えると料理の味もまた変わり、体にも良いこと尽くめです。

 

野菜だけでなく発酵食品をプラスしたり、調味料を変えるだけでバリエーションが広がり料理のアレンジもききます。

野菜ばかりで飽きてきたなと感じた時は、こうした工夫を取り入れてみると良いかもしれませんね。