普段あまり自分の視界に入らない場所だからか、他人のヒップは気になっても自分のヒップラインには無頓着な女性が多いと言われています。

ヒップラインは筋肉の衰えや姿勢の悪さが原因で簡単にたるんでしまう部位です。

しかし、女性にとってヒップラインを鍛えることは、見た目の美しさを整えるだけでなく健康にも良い影響が沢山あるのです。

半額

ヒップラインのたるみや崩れの原因となる悪習慣

ヒップラインのたるみや崩れの原因となる悪習慣

ヒップラインはお尻を支える筋肉や骨盤によって形作られているため、加齢によって筋肉が衰え始めたり、普段から背中を曲げる、足を開いて座るといった姿勢を日常的に繰り返していると、徐々に形が崩れていってしまいます。

また、ヒップラインの崩れの原因は骨盤にもあり、ウエスト周辺やヒップの筋肉が衰えてくると、骨盤を支えている骨盤底筋という筋肉が骨盤を閉じてしまい、ヒップが徐々に下へ下へと垂れてくる、ヒップのボリュームが減ってしまうなど、ヒップラインとその見た目に様々な影響が出ます。

骨盤底筋群と呼ばれる骨盤周辺の筋肉を鍛えておくと、美しいラインをキープするだけでなく、ホルモンの分泌が正常になり女性らしい身体つきを維持するのに役立ちます。

 

ヒップラインの筋肉を鍛える方法

ヒップラインの筋肉を鍛える方法

筋肉を鍛えるためには、毎日のウェイトトレーニングが欠かせません。

ウェイトトレーニングは鍛えたい場所や筋肉の部位によって、もっとも効率よく鍛えられる動きが決められています。

その中でも、ヒップラインを鍛えるために一番適しているのはスクワット運動。

スクワットはヒップから足の付け根、そして骨盤底筋に負荷がかかるため、毎日続けて適度な筋肉をつけるとヒップアップ効果が期待できます。

しかし、いきなり腰を大きく落とすスクワットを行なうと、筋肉痛や肉離れを引き起こしてしまいかねないので、体が慣れるまでは、浅く腰を落しながら手を前後に降ったときの勢いを利用して行なう、簡単なスクワット運動から始めて徐々に身体を慣らしていきましょう。

関連:腹筋よりも効果的!スクワットがダイエットに効果がある理由と正しいやり方

 

骨盤底筋群を重点的に鍛えたいなら、体幹トレーニングや背筋を行なうのがおすすめです。

体幹トレーニングは効果を実感できるまでにやや時間がかかりますが、毎日鏡でヒップラインを確認する習慣をつけると、1日1日確実にヒップが引き締まっていくのを実感できるはずです。

 

見た目の美しさももちろん大切ですが、女性ホルモンや子宮など女性器の環境を正常に整えてくれる働きを考えると、ヒップラインの筋肉は常に鍛えておきたいもの。

メリハリのあるヒップラインをキープして、後ろ姿も美しいと思われるような女性を目指しましょう。