顔やネイル、髪の毛はしっかり手入れをしているのに、首のケアは何もしていない女性は多いのではないでしょうか。

首は顔と同じように年齢が出やすい部分なので首まわりのお手入れはとっても大切なのです。

首の皮膚は意外と薄くデリケートなのでしっかりとケアをしましょう。

半額

首は乾燥しやすく保護と保湿が必要

首は乾燥しやすく保護と保湿が必要

まず、お風呂上りに顔や体を保湿するように首もボディクリームなどで保湿していきます。

今は、首専用の保湿クリームも発売されており、塗った直後にハリを与えてくれるので特に40代以上の女性に人気です。

こういったものは首の特色に合わせて開発されたクリームなのでボディクリームより効果を期待でき、乾燥やたるみが気になる方であれば首専用のクリームを使った方が安心です。

 

ちなみに首専用のクリームは顔のシワやデコルテにも使えるものも発売されており、商品にもよりますが4,000円~6,000円ほどの値段で販売されています。

それほど高いものではありませんし、デコルテや顔にも使えるなら一つは持っておきたいですよね。

【高保湿オールインワン】ボタニカルモイストヴェール

 

首も紫外線対策が必要

首も紫外線対策が必要

顔の紫外線対策はしていても、首の紫外線対策を出来ていない方が多いのではないでしょうか。

首にはファンデーションを塗らないので無防備になりがちに。顔と同じように保湿や紫外線対策することで、首の乾燥やシミを防げます。

また、大きめのツバがついた帽子で紫外線を防いだり、スカーフを巻く事で紫外線を防ぐ事が出来ます。

 

肩こりが首に影響する?

肩こりが首に影響する?

肩が凝ると血液の流れが悪くなってしまい、首にもコリが出てきてしまいます。血液の流れが悪くなると代謝が低下してしまうので、鎖骨あたりを優しくマッサージしてあげるといいでしょう。

また、マッサージする時に首から顔に向けてリンパに沿うように流すとすっきりできます。

長時間パソコンを使う仕事や立ち仕事をしている方は、一日の疲れを半身浴で癒すなどんp工夫をすると血液や代謝の流れもよくなり、首に透明感のある肌になれます。

 

首のシワやクセにも注意

首のシワやクセにも注意

肘をついたり頬づえをつくと、首が曲がりシワになりやすくなるので、このようなクセがある方は気をつけるようにしましょう。

猫背の方も首を短く見せてしまうので、背筋を伸ばして首まわりにぜい肉がつかないように気をつけてください。

 

意外と首は顔と同じように見られているものです。冬はタートルネックやコートなどで隠せますが、どうせなら美しく手入れした首を見せてすっきりとした印象を与えたいものです。

すぐに取り組めることばかりなので、今一度自身の首をしっかりチェックしてみてください。