女性の職場でのファッションは、その企業に見合った「オフィスカジュアル」が基本。

しかし、オフィスカジュアルと言っても具体的にはどんなコーディネートをすればいいの?と思う女性も多いはず。

職場でひんしゅくを買わないために、良い印象を抱いてもらえるファッションのポイントを押さえておきましょう。

半額

オフィスカジュアルの基本

オフィスカジュアルファッションの基本

オフィスカジュアルで忘れてはならないのは、何といっても派手すぎないことです。

企業で制服がなく、服装が制限されていない場合は基本的に何を着ても良い事になっていますが、ビジネスシーンでは他社の方とも会う機会が多いため、だらしがないと思われるファッションや会った人に不快感を与えるコーディネートは控えましょう。

 

女性にとってはそうでなくても、男性から見ると「肌の露出が多い」と思われてしまう服があります。

薄着のシャツやシースルーのブラウスなどの透ける素材を使っているもの、または胸元が大きく開いていたり、必要以上に背中が見えてしまうデザインはオフィスカジュアルに向いていないので気をつけましょう。

このような格好を繰り返していると、男性はどうしても気になってしまうでしょうし、下手をすると風紀を乱しかねません。

肌の露出は最低限に抑えることを意識してコーディネートすることが大切です。

 

シーンによって服装を変える

オフィスカジュアルファッションはシーンによって変える

営業職などで外回りが多くスーツを着用する女性は、インナーを変えて印象を良くすることができます。

シフォンのようなふんわりとした素材やニットのインナーを合わせて、かっちりし過ぎないようにしたいですね。

スーツは出来るだけグレーやブラウンのような女性らしい柔らかい色を選ぶと、第一印象が良く見られます。

初めての企業へ出向く時などは出来るだけ親しみを持ってもらえるように、カッコいい女性よりも可愛い女性に見られるようなファッションを心掛けましょう。

 

色々な部署の社員が集まる会議などでは、白シャツを着て「デキる女感」を自己演出するのも効果的です。

白シャツは見ている人に知的だと思わせる効果がありますし、何より清潔感のあるファッションアイテムです。

こなれ感を出すには、セーターやカーディガンを合わせて袖を少しまくってみましょう。

 

オフィスカジュアルはコーディネートの幅が広いだけに何を着れば良いのかつい悩んでしまいますが、清楚で上品な服装というポイントさえ押さえておけば、あとは自分の好みに合わせてしまっても大丈夫です。

自分の個性をアピールしながら、仕事の出来る女性に思われるようなファッションを目指したいですね。