普段のコーディネートの中に取り入れるだけで、キュートさと華やかを演出できる「ギンガムチェック」。

ギンガムチェックはチェックの太さやカラーバリエーションも豊富で、合わせるアイテムによっては全く違った印象を作り出せるのがその人気の理由です。

しかし、ギンガムチェックは自分にはちょっと可愛すぎて似合わないと思っている女性も多いのではないでしょうか?

キュートであるという事は、一歩間違えれば子供っぽくなってしまう可能性もあるということ。

しかし、子供っぽくならない「大人可愛い」コーデのポイントを抑えておけば、ギンガムチェックを上品に着こなすことが出来ます。

半額

ギンガムチェックを大人っぽく着こなす

ギンガムチェックを大人っぽく着こなす
出典:weheartit.com

ギンガムチェックを大人っぽく着こなせるテクとして、すぐに出来るのはシャツインです。

ボトムはチノパンやスキニーパンツのようなシンプルなデザインを選び、シャツインをした上でベルトでウエストマークをしてあげると、可愛らしさが抑えられハンサムな印象の着こなしになります。

 

この時、ギンガムチェックは黒やネイビーなどの寒色系を選び、ボトムにはモノトーンを選ぶとよりシックで上品になります。

さらに、大人女子ならではのこなれ感を出すには袖をくしゅっとまくったり、ボタンを開けてシルエットをルーズにしましょう。

かっちりと着こなす場合はパールネックレスを加えてあげたり、ヴィンテージ風の大振りアクセサリーを付けるとクラシカルになりおすすめです。

 

タイトなサイズを選んで大人っぽく着こなす

タイトなサイズを選んで大人っぽく着こなす

大人っぽく着こなすためにはギンガムチェックのシャツのサイズ感も重要です。

出来るだけタイトなシルエットになるように自分のサイズぴったりのものか、ワンサイズ下のものを選び、上半身をコンパクトに仕上げるようにしましょう。

上半身がコンパクトであればボトムにボーイフレンドデニムなどを持ってきても、全体がもたつかず上品な印象になります。

 

さらに、ギンガムチャックはジャケットやアウターと合わせてしまえば、どんな色でも子供っぽさを抑えることが出来ます。

一枚で着るとどうしても主張が強いギンガムチェックですが、黒やベージュのテーラードジャケットやトレンチコートを上に羽織ってしまえば赤やグリーンのギンガムチェックがアクセントとなり、遊び心のあるコーディネートを作ることが出来ます。

 

ギンガムチェックのシャツは、ファッションに鮮やかさと遊び心を取り入れられるアイテムです。

着回し力も抜群なので、クローゼットの中のアイテムと様々なコーディネートを楽しんでみてください。