レシピ本や料理番組では美容面に特化した野菜レシピが多く特集されています。

一度はやってみようと思いつつも、食材の多さと手間、時間がかかることから、なかなか実践できないという方は多いのではないでしょうか。

料理好きでもなければ大抵、誰かが作ってくれればいいのに・・・と思ってしまいますよね。

いくら美容や美肌に良いと言われても、自分で作るのは面倒だと思う方がいると思うので、今回は少ない食材を使い、シンプルな行程、かつ効率的に栄養が摂れるレシピを紹介します。簡単に出来るので長時間キッチンで奮闘する必要もありません。

半額

ミキサーを使って野菜の栄養そのまま

 ミキサーを使って野菜の栄養そのまま

加熱調理をする事で良い成分が壊れてしまう事がありますが、野菜の細胞壁内にある栄養を丸ごと摂取するにはミキサーを使うのが一番です。

ミキサーで野菜や果物を破砕することによって消化吸収が効率よくなり、胃にも優しいので時間を選ばず摂取する事ができます。

 

後片付けが面倒だから色々な調理器具は使いたくないという方でも、ミキサー一つで調理出来るのでかなり便利です。

ミキサーは回転数が高く回転刃が高品質のものを選ぶと、より栄養素を壊さず丁寧に細胞壁を破砕してくれます。

パナソニック ファイバーミキサー MX-X300-K

新品価格
¥5,640から
(2016/1/24 03:46時点)

体に良い栄養たっぷりのスムージーレシピ

 体に良い栄養たっぷりのスムージーレシピ

簡単に真似できる美味しいスムージーの作り方を紹介します。

トマト2個、紫キャベツ200gをざく切りにしミキサーに入れ、さらに手でちぎったバナナ1本を加えます。

そこに水を1/2カップを入れたらミキサーにかけるだけです。トマトのリコピンで高酸化力アップ、紫キャベツの色素成分は老化予防の効能があり、紫外線の多い時期には体の中からケアできます。

さらにバナナで野菜の青臭さを抑えつつ、優しい甘味を加えることで飲みやすくなります。バナナの良質な食物繊維を一緒に摂ることで便秘解消にもなります。

 

気温差が激しい時期の不調や季節の変わり目に起きやすいアレルギーには、スムージーでしっかり栄養をとって対抗しましょう。

ざく切りにしたニンジン1本、マンゴー(冷凍で構いません)1個、水1/2カップ、はちみつ小さじ1杯を入れミキサーにかけます。

ニンジンとマンゴーの豊富なβ-カロテンが、身体の免疫力をアップさせるので体の内側から元気になります。

さらに飲みやすくするには、レモン汁を少量加えて清涼感を出しましょう。

 

ミキサーの「短時間で破砕する」という機能は、液体状にするという目的だけでなく、細胞内部の栄養素まで効率よく摂るという面において最適な調理器具なのです。

市販のスムージーも美味しく手軽で便利ですが、ミキサーさえあれば簡単に調理ができ、加工砂糖や添加物の入っていない体に優しい天然スムージーが作れますよ。