私は1年を通してゴルフを楽しんでいるのですが、40歳を迎えシミなどが気になる年齢になりました。

特にUVケアには気を付けるようにしているのですが、今回は私が行っている紫外線対策の方法をいくつか紹介します。

半額

洋服をUVケアのものに!

洋服をUVケアのものに!

まず、ポロシャツです。多少値段が高くなってしまいますがUVケアの商品を必ず購入しています。

ポロシャツは半袖になりますので、長袖のアンダーウェアも合わせて着るようにしています。もちろん、アンダーウェアもUVケア商品です。

 

そしてUVケアのものは少ないですが、直射日光をさけるために帽子を被ります。(ネットであればUVケアの帽子も購入できます)

黒い系統の帽子は熱を集めてしまうので、白系統の色を好んで利用しています。

 

ここまでくれば、あとは直射日光にさらされるのは顔と手首だけになります。

顔と手首のUVケアは日焼け止めを使いましょう。私が主に使っている日焼け止めは「UL・OS(ウルオス)」です。

においも強くなく、すっきりした感覚なので顔に使用しても問題ありません。

UL・OS(ウル・オス) 日やけ止め25 25mL

新品価格
¥790から
(2016/1/7 07:56時点)

ここまでしっかりしておけば、一日ゴルフを終えた後も極端な日焼けをすることもなく、しっかりとUVケアができています。

正直、UVケアについては真夏だけではなく、季節を問わず一年中実施してこそ意味があります。

いつの時期でもゴルフ場では直射日光にさらされるので、しっかりと対策をしましょう。2月、3月だからといって油断してはいけません。

5月頃になると陽射しが強くなるので、この頃からUVケアを行う方も多いと思いますが、一年中日焼け止めはしっかり塗っておきましょう。

 

あまりよく考えずに日焼け止めを選んでいる方も多いと思います。

日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類あるのをご存じでしょうか。

 

「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類を知ろう

「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類を知ろう

「紫外線吸収剤」はお肌の上で、化学反応を起こし紫外線をカットするものです。

高いSPF値とPA値の商品が多いので、強い日差しはしっかりカットしてくれます。

しかし、肌への負担はとても大きく、塗った後は専用の日焼け止め落としを使わないといけません。

石鹸で落ちるとの表示があるものもありますが、しっかりとクレンジングしないとのこった日焼け止めが、シミやシワの原因になることもあるので注意しましょう。

 

もう一つの「紫外線散乱剤」は鏡で光を反射させるようにして紫外線をカットします。

肌負担が少なく、敏感肌の方にもオススメな日焼け止めです。

ただ、SPF値はそれほど高くないですが、普段のお出かけにはSPF25くらいの数値でも十分効果はあります。

日焼け止めに「紫外線散乱剤」が入っているかを調べるには「ノンケミカル」や「紫外線散乱剤入り」と表示してあるものを選びましょう。

 

日差しの強い海や山に行くときは「紫外線吸収剤」入りの日焼け止めでしっかりとUVカットをし、普段使いは「紫外線散乱剤」入りの物を使い分ける方法がオススメです。

最近では「紫外線散乱剤」入りのものでもSPF値が高く、美容液成分入りの物も出ているのでしっかりと確認しましょう。