春になると紫外線が強まり、UVケアに本格的に取り組まなくてはいけない季節となってきます。

UVケアには帽子や洋服などで肌を露出しない方法もありますが、UVケア用の化粧品を使用することによって、衣服や帽子を使用せずにキレイな肌を保つことができます。

半額

自分の肌に合った日焼け止めを使おう

自分の肌に合った日焼け止めを使う

UVケア用の化粧品として日焼け止めを使う方が多いですが、日焼け止めにも様々な種類があります。

SPF値など、紫外線をカットすることのできる能力の目安や肌質によって推奨されるタイプが異なりますので、自分の肌に合った日焼け止めを選択するようにしましょう。

特に、敏感肌の方には「紫外線吸収剤」という成分にアレルギーを起こす方が多いとされており、日焼け止めを塗ったのにもかかわらず、ひどく腫れてしまう症状が出ることもあります。

 

新しい日焼け止めを使用する時には、パッチテストを行ってから使用すると安心です。

二の腕などの柔らかいところに日焼け止めを塗って、丸一日放置して肌の反応をみましょう。簡易式の方法ではありますが、日焼け止めの成分が自分の肌質に合っているかどうかを確認するのに役立ちます。

SPF値は高いほうが良いというわけではなく、用途に合った数値のものをこまめに塗りなおすことが有効的です。

 

室内にいても紫外線に注意!

室内にいても紫外線には注意しよう

日差しの強い季節になると、室内にいても窓から降り注ぐ紫外線により肌に影響があります。部屋の中にいたり、デスクワークで室内にいる方でもUVケアが必要です。

具体的なUVケア方法として化粧品メーカーから様々な商品が販売されていますが、使用方法を間違えると効果が下がりますので、正しく使用することが大切です。

 

UVケア商品は、つけてしばらくしたほうが肌によりフィットし効果が発揮されますので、少なくとも日差しを浴びる30分前には日焼け止めを塗り終えておくようにしましょう。

日焼け止めは様々なタイプのものがありますが、室内に入ってくる紫外線や、ちょっとした外出の時には、あまり高いSPF値のものは必要ないです。

高いSPF値の日焼け止めは肌への負担も大きいため、使用するシチュエーションに合わせていくつか日焼け止めを持っておきましょう。

 

逆に、海やプール、汗をかきやすい場面でのUVケアは、汗や水に強いウォータープルーフタイプがおすすめです。

ウォータープルーフタイプも石けんで落とせるタイプと、専用のリムーバーが必要なタイプがありますので、用途に合わせて選択しましょう!

ビオレ さらさらUV パーフェクトミルク SPF50 /PA 40ml

新品価格
¥205から
(2016/1/6 13:08時点)