紫外線の強い季節になってくると、日焼け止めが手放せなくなりますよね。

でも、最近の日焼け止めは日焼け防止効果を高めるために強力な添加物を配合している商品も多く、肌が弱い人はほんの数時間塗るだけで肌荒れを起こしてしまうこともあるようです。

 

だからといって、日焼け止めを塗らないと肌が焼けて真っ黒になってしまうし、どうすればいいの?と頭を抱えている女性に、ぜひ使ってほしいのが「ワセリン」です。

日焼け止めによる肌荒れを防ぐために、「ワセリン」を使うと良い理由とは……?

半額

日焼け止めで肌が荒れる理由

日焼け止めで肌が荒れる理由

ほとんどの日焼け止めには、紫外線から肌を守るための「紫外線防御剤」が配合されています。

紫外線防御剤は、紫外線を反射させてダメージを逃がす拡散剤と、紫外線が肌に吸収され、肌の深層部にまで届くのを防ぐための吸収剤の2種類があり、どちらも肌を焼かないためには欠かせない成分です。

しかし、SPFが高い日焼け止めには吸収剤が特に多く含まれており、肌を紫外線から守ってくれる代わりに、肌に大きな負担がかかります。

 

また、吸収剤は紫外線を吸収すると成分が変化してしまい、人によってはこの成分変化が原因でアレルギー反応を起こしてしまうケースもあります。

日焼け止めの中に配合されている界面活性剤も、肌を乾燥させ、吸収剤による肌トラブルを助長する一因にもなっています。

 

油分の膜が肌荒れを防いでくれる白色ワセリン

油分の膜が肌荒れを防いでくれるワセリン

もしも日焼け止めを塗って肌荒れしたときは、下地としてワセリンを使う方法がおすすめです。

ワセリンは油分を多く含んでいますので、塗ることで肌をカバーして、界面活性剤による乾燥と吸収剤による刺激から肌をガードしてくれるのです。

ただし、使うワセリンは純度の高いものを選ばなければ、いくら肌に塗っても十分な効果が得られないことがあるので気をつけましょう。

 

おすすめは、アメリカ産の白色ワセリン。

白色ワセリンは純度も高く、不純物をほとんど含まないので、肌が弱い方が使っても安心です

ワセリンを肌に塗る時は、少量を出来るだけ薄くムラのないように、均等に伸ばしてあげることがポイントです。

塗りムラがあると、上から日焼け止めを塗ったときにヨレやすくなり、ちょっと服と擦れただけでも日焼け止めが落ちやすくなってしまうからです。

 

手足ではなく顔に塗るときは、始めにワセリンを下地として使い、日焼け止めを塗ってからリキッドファンデーションを重ね塗りすると良いでしょう。

せっかく塗ったワセリンと日焼け止めが落ちてしまうので、メイクをする時は、あまりブラシやスポンジで肌を強く擦らないようにしましょうね。

 

日焼け止めによる肌荒れにお悩みのみなさん、いかがだったでしょうか?

ワセリンはこのように日焼け止めの下に塗って油分の膜を作り、肌を守ってくれる優秀アイテム。

日焼け後のアフターケアにも使えるので、もしも肌が乾燥すると感じたら、ワセリン塗って肌をしっかりと保護してあげてくださいね。

【第3類医薬品】日本薬局方 白色ワセリン 500g

新品価格
¥740から
(2015/9/5 06:47時点)