最近の食生活は、昔に比べると柔らかい食事が多くなり、噛むという動作が少なくなったように感じます。

しかし、このあごを使って噛むという動作は健康にも良く、免疫力を上げる効果があると言われています。

また、噛むことによって顔の筋肉も使いますので、リフトアップにもつながり美容効果も期待できます。

半額

ガムを噛んで表情筋を鍛える

ガムを噛んで表情筋を鍛える

普段の食事だけではあごを使う回数は少ないかもしれません。表情筋を鍛えてリフトアップするために、ガムを日常的に噛むようにしましょう。

ガムを噛むとリフレッシュ効果があり、良い気分転換にもなります。

人と会話をしている時にガムを噛むわけにはいきませんが、一人で集中したい時や作業の効率を上げたい時などにガムを噛むと、集中力アップの効果が期待できます。

 

顔の表情筋を鍛えるためには、適度なフェイスマッサージが必要ですが、ガムを噛むことによって、その効果も同時に行えるのはありがたいことです。

顔の筋肉は使わないでいると頬の肉がたるんできてしまい、ほうれい線がくっきりとついてブルドッグのような顔になってしまいます。

しかし、表情筋を鍛えることで高齢になっても若々しい表情を保つ事が出来ます。

 

甘いガムを一日に何度も噛むと虫歯になる可能性があるので、甘味料が少ないミント味のガムがオススメです。

 

いつもの食事でも”噛む”ことを意識する

いつもの食事でも”噛む”ことを意識する

また、表情筋が衰えてしまうと「いつも怒っている不機嫌な人」と見られることがあります。

作り笑いなどをしなくても、普段の表情が微笑んでいるような顔はとても素敵な印象を受けます。

笑顔でいれば幸福がやってくると言われるように、毎日をハッピーで過ごすには自然な笑顔が大切です。

ガムを噛む習慣を付けるだけで表情筋を鍛えるだけではなく、適度なストレス解消にも繋がっていきます。

いくつになっても自然で素敵な笑顔でいられたら、とても幸せなことですね。

 

ガム以外にも固い食材を良く噛んで食事をするようにすれば、同様の効果を得られることができます。

スルメや根菜、干物類や玄米ご飯など、昔からある食材を食べることによって、自然と噛む習慣をつけることができるのでオススメです。

 

何でも便利になっている現代社会ですが、かえってそれが不健康を招くリスクがあります。

食事面でも同じで、昔ながらの和食の良さをもう一度見直し、健康面も考えた総合的な食事の仕方を考えることが大切です。

今一度食事を見直してみて、固い食べ物を食事の中に取り入れて表情筋を鍛えましょう!