女性の冷え性の中でも、手足など身体の先端が冷える症状を「末端冷え性」と言います。

末端冷え性がひどくなると手足の血行が悪くなるだけでなく、感覚を感じなくなるなど日常生活に大きな支障が出ることもあります。

しかし、意外にも女性の多くはなぜ末端冷え性になるのか、その原因についてはあまり詳しく知らない人がほとんど。原因を知らないことには適切な対処もできないため、より症状を悪化させてしまうことも多いのです

今回はそんな末端冷え性の原因と改善方法についてご紹介します。

半額

末端冷え性が起こる原因は血行不良

末端冷え性が起こる原因は血行不良

末端冷え性になりやすい女性は血行不良気味であることが多く、全身の血液がスムーズに循環されていない傾向が強いと言われています。

血行不良を引き起こす原因はさまざまですが、女性ならば極端なダイエットによる筋肉量の低下や低血圧、さらには月経などによる貧血によって起こることが多いです。

さらに最近では、女性の社会進出によってストレスや緊張状態にさらされ血行不良に陥る場合も多いのだとか。

この他にも、現代人に多いのがメタボリックシンドロームや糖尿病などの生活習慣病。特に糖尿病はインスリンの分泌に悪影響を及ぼしてしまうため、血液をドロドロのおかゆ状に変えてしまい血行不良を引き起こすと言われています。

 

うつ病や自律神経の乱れが冷え性を引き起こす

うつ病や自律神経の乱れが冷え性を引き起こす

会社勤めをしている社会人や育児ストレスにさらされることの多い主婦に多いのが、自律神経が乱れることによって起こる末端冷え性です。

人間の身体は自律神経のバランスが乱れると女性ホルモンをはじめとした脳内物質の分泌が減り、体内のホルモンバランスが崩れてしまいます。

特にうつ病のような精神疾患を発症すると脳がアドレナリンを放出してストレスの原因を取り除こうとしますが、アドレナリンは血液の流れを滞りがちにしてしまうため、どうしても血行不良に陥りやすくなってしまうのです。

関連:食事療法で完治を目指す!うつ病の治療や症状改善に効く食べ物4つ

 

末端冷え性が引き起こす身体の不調

末端冷え性が引き起こす身体の不調

末端冷え性が慢性的になってしまうと常に身体が冷えている低体温状態になります。

低体温状態が続くと身体にもさまざまな不調が現れるようになりますが、このような不調の原因が冷え性であると限定するのは難しく原因に気付かない女性も多いのが現状です。

 

末端冷え性が引き起こす不調で最も多いのが、血行不良による頭痛。血液の流れが滞ると筋肉が凝りやすくなるため頭痛や偏頭痛になりやすいのです。

また、女性であれば末端冷え性によって女性機能が低下する恐れがあり、毎月の月経痛がひどくなったり無月経や生理不順になることも珍しくありません。こうした状態が長く続くと将来妊娠・出産のリスクもぐんと高くなるため、早期的に末端冷え性を改善することが必要です。

 

末端冷え性を改善するにはまず食生活の見直しから

末端冷え性を改善するにはまず食生活の見直しから

生活スタイルの多様化とともに欧米化している現代人の食生活。末端冷え性に悩んでいる女性は、この食生活を1度見直すことで冷え性が改善することがあります。

たとえば普段から脂質の多い外食やインスタントばかり食べていないか、あるいは炭水化物ばかり摂取していないかなどをチェックし、もしも毎日の食事の栄養バランス偏っているようなら炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルのバランスが取れた食事へシフトするべきです。

栄養バランスのとれた食事は身体に不足している栄養を補い、自律神経を正常な状態へ戻す役割を担うと同時に精神的なストレスを取り除くことにもつながります。

末端冷え性を改善するにはこうしたバランスの良い食事をとることが何よりも大切なのです。

関連:冷え性だと痩せない?玉ねぎとにんにくを使った脂肪燃焼効果のある食事を!

 

血管を収縮させるタバコやお酒を控える

血管を収縮させるタバコやお酒を控える

末端冷え性の原因である血行不良を促進するタバコや飲酒は身体に百害あって一利なし。タバコに含まれるニコチン、そしてお酒の中に含まれるアルコールはいずれも血管を収縮させて体内の水分を排出する働きがあるため、身体が軽度の水分不足になりやすいのです。

血管が収縮すれば当然血液がスムーズに流れなくなりますし、水分不足になれば血液濃度が上昇してドロドロ血液になってしまい、血液が全身に行き渡りにくくなってしまいます。

タバコやお酒を飲む女性は、末端冷え性改善のためにまずはこうした嗜好品を断つところからはじめてみましょう。

 

末端冷え性が慢性的になると常に身体の冷えを感じ、身体だけでなく精神的な不調を引き起こします。

東洋医学で冷えは「万病のもと」言われるほど重大なもの。放置したり我慢するのではなく、まだ症状が軽い内に原因を見つけて改善する努力が必要です。

今はドラッグストアなどで保温性の高い靴下やインナーも手に入りますので、今回ご紹介した原因に対してきちんとした対策をとりながら、末端冷え性が改善するまではこうした冷えとりグッズを利用してみるのもオススメです。

冷え性は季節を問わず1年中起こりうるもの、早期改善を目指して身体から冷えを取り除いてみてくださいね。