身体が冷えるのは、何も冬に限ったことではありません。今は職場やデパートなど、どこにいっても年中エアコンで空調整備されており、夏であっても強い冷気にさらされて身体が冷えることが珍しくなくなりました。

しかし、こうした環境にばかり身を置いていると、本来身体が持っている体温調節機能が衰えてしまい身体が冷えやすくなってしまうこともあります。

女性に多いこの冷え性を改善するためには、身体を温める食材を積極的に食べると良いと言われています。今回はそんな身体を温める食べ物をご紹介します。

半額

ドリンクで身体の中から冷え性を改善

ドリンクで身体の中から冷え性を改善

人間にとって欠かせない水分ですが、頻繁に水やジュースなど冷たい飲み物ばかり飲んでいたのでは冷え性が悪化するばかりです。

冷え性を改善したいときに飲むと良いのは、温かい飲み物や発汗作用を持つスパイスを使ったドリンク。

温かい飲み物で代表的なのは、高いダイエット効果があると話題になった白湯や黒豆茶など。スパイスを使ったドリンクなら、シナモンを使ったチャイやしょうが紅茶などがおすすめです。

 

白湯は朝1番に飲むと胃の中から身体を温め、臓器の動きを活発にしてくれます。

自然と血行の流れも良くなり筋肉から発生する熱がアップします。結果的に代謝が向上して、身体がぽかぽかと温まりますよ。

関連:アレンジ自在!ぱぱっと1分で出来る美味しい白湯ドリンクの作り方4選

 

また、黒豆茶の中には脂肪燃焼を促すアントシアニンやポリフェノールが豊富に含まれています。摂取すると体内でエネルギー消費量がアップするため、体温を上昇させ低体温体質を改善してくれます。

日本ではまだまだメジャーではない黒豆茶ですが、美容大国と謳われる韓国では若い女性を中心に飲まれている非常にポピュラーなお茶の1つで、今では日本のスーパーやデパートでも手軽に購入することができるようになりました。

黒豆茶は烏龍茶に似た風味であっさりとした味をしているため、脂っこい食事とともに飲むと良いでしょう。

 

冷え性に効く食べ物を食事メニューに取り入れよう

冷え性に効く食べ物を食事メニューに取り入れよう

冷え性は毎日の食事メニューでも改善されることがあります。というのも、食べ物の中には摂取することで身体を冷やしてしまう食材と身体を温めてくれる食材があり、身体を温める食材を積極的に食べている女性は、そうでない人に比べて冷え性になりにくいと言われているためです。

身体を温めてくれる食材として有名なのが、ショウガやニンニクなどの香味野菜です。

これらの野菜には収縮した血管を広げて血液の流れをスムーズにする働きがあり、同時に疲労回復効果も持っているため身体の健康維持にも役立ちます。

ショウガやニンニクは薬味としてどのような料理にも合わせることができるため、食事メニューの中に取り入れやすいのもありがたいですよね。

冷え性を改善したいなら、こうした香味野菜を積極的に食べるようにしてみましょう。

 

この他にも、肉や魚などの動物性たんぱく質も同様の血行促進効果を持っています。

ダイエット中だからと野菜中心の食事ばかりとり、動物性たんぱく質を食べないままだとスリムな身体は手に入っても、冷え性をより悪化させ不調を招くリスクが高くなるだけということを覚えておきましょう。

 

糖質、脂質ばかりを摂ると冷え性が悪化する

糖質、脂質ばかりを摂ると冷え性が悪化する

女性はスイーツを好む人が多いと言われますが、甘い食べ物の中には言うまでもなく砂糖がたっぷりと使われています。

砂糖は体内で血液の中に溶け出し、血液をドロドロにしてしまう原因になる食材。そのためあまり大量に摂取しすぎると血行不良による冷え性を引き起こしてしまうのです。

スイーツの中には乳製品を使用しているものも多くありますが、乳製品に含まれる脂質も冷え性を促進してしまう成分。

糖分と合わせて摂取することによって冷え性が悪化する可能性があるため、とり過ぎにはくれぐれも注意しなくてはなりません。

 

もしどうしてもスイーツを食べたいときは、市販のものを購入するのではなく自分で手作りするというのも1つの方法です。

手作りならば砂糖の量を自分で調整することができますし、砂糖の代わりにハチミツやメープルシロップを使ってスイーツを作れば冷え性になるリスクもぐっと低くすることができます。

砂糖と違いハチミツやメープルシロップのような天然の甘味料は身体を温める働きを持つと言われ、伝統医学のアーユルヴェーダでも摂取が推奨されているので、甘いものが食べたいときは砂糖ではなくこうした天然甘味料を使用するようにしましょう。

 

冷え性を改善するには、まず毎日の食事から見直すことが大切です。これまで栄養バランスを気にしたことがないという方は、今回紹介した身体を温める食材を食事メニューに取り入れるだけでも冷え性改善が期待できます。

普段何気なく食べていた「冷え性を招く食品」の摂取をやめれば、冷え性や低体温知らずの身体が手に入るのです。

冷え性はあらゆる病気の元と言われるほど健康と密接に関わっているものなので、たかが冷え性と軽く考えずに今日から食事で「温活」をはじめてみてはいかがでしょうか。