顔色を良く見せ華やかさをプラスしてくれるチーク。

フェイスメイクと言えばアイメイクやアイブロウに力を入れる人が多いですが、メイク後の顔の印象を左右するのに重要なのがチークの力なのです。

半額

時間が経つと落ちてしまうのがチークの難点

時間が経つと落ちてしまうのがチークの難点

チークは頬骨に沿ってピンクやベージュの色味を加えることで顔のトーンをアップさせ、のっぺりとした顔を立体的にしてくれることから、面長やエラといった輪郭の特徴をなくして思い通りの印象を作ることが出来ます。

しかし、チーク自体は薄く肌にのせるため時間が経つとすぐに落ちてしまうのが難点。

現在は従来のパウダーチーク意外にも、肌に密着して長時間発色するクリームチークなどが販売されて人気を呼んでいますが、やはり顔に触れたりするとすぐに落ちてしまうというのは変わりません。

 

仕事や家事をしていると、頻繁にメイク直しをする暇もありませんよね。

しかし、チークが落ちたままの状態だと顔色が悪く見られることもあります。そんな時は、ちょっとした工夫でチークを長持ちさせるメイクの裏技を使ってみましょう。

 

チークを長持ちさせる「二重メイク」のやり方

チークを長持ちさせる「二重メイク」のやり方

チークを落ちにくくさせるには、まず朝のメイク時の下準備が大切です。

メイク下地を塗る前に、化粧水や乳液でしっかりと保湿してから顔の皮膚に水分を補給してあげると、皮脂の分泌が抑えられメイクが崩れにくくなるので、同時にチークの持ちもよくなります。

 

メイク下地を塗ったらリキッドファンデーションを上から重ねますが、この時、クリームチークを少量取ってファンデーションに混ぜて、チークを入れる場所にポンポンと叩き込むように塗っていきます。

いつものようにファンデーションの上からチークを重ねるとどうしてもチークが落ちやすくなりますが、ファンデーションに混ぜてしまうことでよりチークが肌に馴染み、肌の保湿効果と相まって時間が経ってもチークが落ちなくなるのです。

そして仕上げにチークを混ぜたファンデーションの上から軽くフェイスパウダーをはたいて、さらにその上からパウダーチークを薄く乗せます。これで、時間が経っても落ちにくいチークの二重メイクの完成です。

 

チークをファンデーションと混ぜその上からパウダーチークを重ねることで、表面だけでなく肌自体が発色しているような自然な色味を表現することが出来ます。

また、ファンデーションに混ぜるチークとパウダーチークの色を違うものにすれば、色に深みが出てより顔の立体感が強調されるのでメリハリのある顔立ちになります。