健康な身体を維持し、いつまでも美しい容姿を保つためには腸内環境を整えておくことが大切です。

そんな中、今女性たちが励んでいるのが腸の善玉菌を増やして腸内環境を整える活動「菌活」です。

菌活で積極的に食べることを推奨されている3つの食べ物をチェックしておきましょう。

半額

乳酸菌が腸を健康にするヨーグルト

乳酸菌が腸を健康にするヨーグルト

腸内環境を整える菌といえば、やはりヨーグルトをはじめとした乳製品に多く含まれている乳酸菌です。

数多くの乳製品の中でもヨーグルトは特に多くの乳酸菌を持っているので、菌活をする上では欠かすことのできない食品。

ヨーグルトの持つ乳酸菌は胃酸にも強く、生きたまま腸に届き大腸の中で活発に活動して悪玉菌をやっつけてくれる優れものです。

ただし、乳酸菌は腸内に留まってくれる菌ではないので、毎日ヨーグルトを食べて定期的に腸に新しい乳酸菌を送り込んであげることが必要です。

腸からキレイになる!ヨーグルトにちょい足しして効果を高める食品3つ

 

納豆菌でアンチエイジング効果を高める

納豆菌でアンチエイジング効果を高める

大豆を発酵する過程で生成される納豆菌は高いアンチエイジング効果を持つことで有名です。

腸の動きが鈍り、便秘がちになると身体の新陳代謝が衰えて老化が加速するため、納豆菌を腸に送り腸内を健康に保っておくようにしましょう。

 

納豆菌は火に弱いという性質があるため、食べるときに加熱調理をしてしまうと納豆菌の数が減るだけでなく、せっかくのアンチエイジング効果も半減してしまいます。

そのため、納豆を食べるときは必ず冷やしておくか常温の状態で召し上がるようにしてください。

 

麹菌を摂取して身体の内側から綺麗に

麹菌を摂取して身体の内側から綺麗に

醤油や味噌、日本酒など、日本独自の発酵食品の中には麹菌と呼ばれる菌が存在しています。

麹菌は体内で酵素を作り出してくれるという性質があるため、身体の中の毒素や老廃物を抑制し、サビがちな身体を内側から綺麗な状態にチェンジしてくれます。

 

もちろん、活性酸素を抑制する効果もあるのでアンチエイジング効果もばっちり。

普段から和食中心の食事を心がけるだけでも麹菌を摂取することが出来ますが、菌活に励む女性の間では毎日1杯の甘酒を飲んで麹菌を摂取する方も多いです。

 

菌活ではこのような食品を摂食的に食べて腸内環境を整えます。

腸が健康な状態だと、いつまでも若々しく病気知らずの身体をキープできますので、乳酸菌・納豆菌・麹菌など質の良い菌類を常に腸内に送り続けられるような食生活を心がけるようにしたいものですね。

今後、さらに盛んになる予感の菌活を始めてみてはいかがでしょうか。