化粧崩れが気になるのは夏の暑い時期だけでなく、冬の暖房がかなり効いた室内でも起こりえます。

仕事が終わって家に買えるころには、化粧がボロボロと言う方も多いのではないでしょうか。

化粧直しは肌に負担をかけやすく、手間や時間が掛かるものです。そこで、ここでは化粧崩れを防ぐ方法をいくつか紹介しています。

半額

化粧崩れは自ら引き起こしていた?

化粧崩れは自ら引き起こしていた?

化粧崩れを防ぐ為に、良かれと思って良くすることがあぶらとり紙です。

例えば皮脂が浮いてきたらすぐにあぶらとり紙を使用する行為は、角質を壊れやすくしたり、余分に皮脂を分泌させている事もあります。

 

またウォータープルーフのファンデーションなどは、水に強い特性の反面、肌機能を低下させやすくなります。

毎日の使用を控え、普段は薄付きのメイクを心掛ける事も大事でしょう。

 

朝の行動で化粧崩れは防げる!

朝の行動で化粧崩れは防げる!

朝は何かと忙しく、バタバタとしてしまうものです。その為、化粧を早めに済ませていませんか?

 

化粧崩れを起こしにくいメイクをするためには、まずベースを重視することが大切なのです。

化粧崩れの原因は皮脂の分泌だけではなく汗も関係しています。

 

忙しいが故に汗がじわっと出ている状態のまま化粧を行なうと、ベースメイクやファンデーションが浮いた状態になってしまうのです。

ですので、化粧前には顔に冷たいタオルなどで汗を抑えるといいですね。

肌のほてりを抑えるだけでもベースメイクがしやすくなり、ファンデーションの乗りも持ちも良くなります。

 

健康な肌を保つことで化粧崩れを無くす!

健康な肌を保つことで化粧崩れを無くす!

化粧崩れのない肌を持てるのであれば、それが一番理想的だと思います。

肌を健康な状態にしていれば夏だけではなく、冬の乾燥しがちな季節でも潤いを保つことができるでしょう。

 

肌を健康に保つ為にも洗顔のやりすぎは禁物です。1日3回以上の洗顔をする方は、洗顔のしすぎで肌が傷ついている可能性があります。

汗をかきやすい夏の時期になると、どうしても洗顔の回数が増えると思います。

クレンジングでも角質まで落としてしまっている可能性もあるので、数回洗顔をする場合はできるだけオイルや泡などで洗顔をするように心掛けましょう。

 

汗を多くかく時期は、火照りも出やすく、水分もお肌に不足していることもあります。

水分が不足することで乾燥肌を招く事もあるので、肌の潤いや保湿は1年中気を使って置くようにしましょう。

肌の表だけではなく、根本的なところから見直す事が実は化粧崩れを無くす近道です!