大切なデートの前日、肌に突然ニキビができてしまったらどのように対処しますか?いつも通りのスキンケアを行って様子を見る、あるいはメイクでごまかす……など、その対処法は人によってさまざまだと思います。

しかし、せっかくのデートなら肌のコンディションをピークに持って行きたいと思うのが女心。そんな時に役立つのが、即効性のあるスキンケアです。

今回は1日で肌をきれいにするとっておきのテクニックをご紹介します。

半額

食事でたっぷりの野菜を食べてビタミン補給を

食事でたっぷりの野菜を食べてビタミン補給を

ニキビや肌荒れを改善するために欠かせないのがビタミン類。1日で肌をきれいにしたいときは三食の食事でたっぷりの野菜を食べるようにし、身体の内側から肌をケアしてあげましょう。

ビタミンはサプリ類で摂取するよりも野菜や果物から直接摂取した方が体内で吸収されやすく、さらに野菜の持つ酵素の働きがより吸収率を高めてくれるのです。

野菜をたっぷり摂取できるのは、サラダやお鍋のようなメニュー。具材に肌細胞を生成する良質のタンパク質を含む鶏肉や白身魚をプラスすると、より高い肌ケア効果が期待できますよ。

 

肌の乾燥を防ぐため、水分をたっぷり補給

肌の乾燥を防ぐため、水分をたっぷり補給

肌トラブルを引き起こす原因はそのほとんどが「肌の水分不足」と深く関わりあっています。そこで、1日で肌をキレイにしたいときはとにかく肌に水分を補給してあげるようにし、いつもよりも大目に水を飲むようにしてみてください。

ただの水ではなく、ミネラルを豊富に含む炭酸水やビタミンCをたっぷりと含んでいる果汁100%ジュースを飲むのがおすすめです。

ただ、冷たい飲み物をたくさん飲むと身体が冷えて代謝が落ち、肌細胞の働きも鈍ってしまいます。飲み物はできるだけ温かいものを選び、身体を冷やさないことも短期間で肌をきれいにする秘訣です。

 

ニキビには目薬を塗って応急対処

ニキビには目薬を塗って応急対処

頬やあご、おでこなど顔の目立つところにニキビができてしまったときは、応急処置として目薬を使ってみましょう。

目薬には強い殺菌作用があり、ニキビの原因であるアクネ菌を撃退して炎症を和らげる効果があります。目薬は眼球に使用するものですから身体への刺激も少なく、敏感肌の女性が使用しても大丈夫。

目薬をニキビに塗るときは雑菌が付着しないよう綿棒の先に含ませ、ちょんちょんと優しくニキビに塗ってください。あまり強く塗り過ぎてしまうと、症状を和らげるどころかさらに炎症を悪化させてしまうので、ニキビを刺激しないように注意しながら塗るようにしてくださいね。

 

肌への負担を軽くするため睡眠時間を多くする

肌への負担を軽くするため睡眠時間を多くする

肌細胞が活発に働くのは日中ではなく夜中、それも睡眠時間内です。特に、成長ホルモンの分泌が盛んになる夜の22時から2時にかけての「ゴールデンタイム」はお肌にとっても最も重要な時間帯。

この時間に肌が生まれ変わると言われているので、当然普段から夜更かしをしていると肌にニキビができ、治りも遅くなってしまいます。急いで肌のニキビを治したいときは、お風呂からあがって肌をしっかりと保湿したあとすぐにベッドに入り、ぐっすりと眠ることが大事です。

睡眠時間を多く確保すれば、それだけ身体が肌を補修する時間が増えるということなので、しっかりとケアをしたらあとは眠って翌日に備えるのが一番です。

 

睡眠中に肌が乾燥しないよう、加湿器などで部屋の湿度を高めにしておけばさらにバッチリ!

大事な用事を控えている前日に思いがけない肌トラブルに見舞われてしまったら、すぐ諦めてしまわずに今回ご紹介したような即効性のあるスキンケアで対処しましょう。

大きなニキビなどは1日で完全に治すことは難しいですが、それでも極力目立たなくさせることは出来るはずです。

普段からきちんとしたスキンケアで美肌をキープできればそれが1番ですが、こうした短期間で肌をきれいにするテクニックを覚えておくと、いざというときとても役立ちますよ。