男性に比べてみると、いまいち基準が曖昧な女性のクールビズファッション。

どこまで軽装にしていいものか、迷う女性も多いのではないでしょうか。

オフィスで仕事をする以上、自社だけでなく取引先の人と会う機会も多いはずなので、不快感を与えたり自社のイメージを損ねるような服装はもちろんご法度です。

そこで今回は女性のクールビズファッションで気をつけるべきルールをご紹介します。

半額

過度な露出に気をつける

過度な露出に気をつける

女性のクールビズファッションでまず気をつけなければならないのは、なんといっても露出度です。

オフィス内ではシャツを着用する人も多いと思いますが、暑いからといってボタンを普段よりも多く外して胸元をはだけたり、肌着を着用せずに下着が透けて見えているなど、女性としての品性を疑われるような服装は避けなければなりません。

また、夏場は薄手の生地やシースルーを取り入れたデザインのトップス、またはノースリーブなどのアイテムをつい着ていきたくなるかもしれませんが、このようなアイテムを着るときは絶対に1枚で着ることはせずに、必ず上着を着てデコルテや腕を露出しないよう心がけましょう。

 

ボトムは丈を意識して選ぶ

ボトムは丈を意識して選ぶ

クールビズでボトムを選ぶときは、丈の短すぎないものにしなくてはなりません。

パンツやスカートを履く時にも、一般的に「ミニ」と呼ばれる膝上10センチ以上の短さのデザインは絶対にタブーです。

たとえストッキングを履いたとしても、オフィスに着ていく格好には適していません。

パンツならどんなに短くてもクロップド丈、スカートなら膝上10センチを守るようにしましょう。

 

体調管理にも関わる汗対策もしっかりと

体調管理にも関わる汗対策もしっかりと

夏はとにかく汗をかく季節です。エアコンの効いたオフィス内での仕事ならば汗をかくことは少ないかもしれませんが、外回りの多い営業職や会議が多く常にオフィス内を移動している場合はどうしても汗をかいてしまうもの。

もし汗をかいてしまった時に長時間汗洋服を濡らしたままでいると、風邪を引いてしまうことがあります。

クールビズファションはただでさえ薄着なので、急激な温度変化で体調を崩さないように職場のロッカーに着替えを置いておき、休憩時間を使って着替えるなど汗対策にも気を配りましょう。

着替えを持参するときはシワになりにくいカットソーや、速乾素材を使ったものを選ぶのがポイントです。

 

男性と違って意外と難しい女性のクールビズファッション。

露出度・ボトム丈・汗対策をしっかりと意識して暑い夏を乗り切ってくださいね。